トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月30日 (金)

今朝は長尾駅へ

 今朝は、長尾駅で朝のあいつさつをさせてもらった。朝7時からの早朝宣伝とは言うものの、その前からたくさんの方々がご出勤の様子。
 我が家の息子は、私が朝いないとぐずぐず言うので、前の晩から「明日の朝はいないから頑張ってや」と言い聞かせます。昨夜は、「そんな早くから行くの?そんな朝早くから行く人は、よっぽど家族を守ろうと思ってる人か、(仕事を)頑張ろうとしている人やんな〜」とコメントし快諾してくれました。
 ご出勤の皆さんの顔を見ながら、息子の言葉を思い出してにんまり。ほんとに、みんな頑張ってるよ〜。
 帰ってみると娘が頭痛で学校に出遅れてました。いよいよ日曜日が小学校最後の運動会、例年になく頑張ってる様子だったので、ついにここにきてダウンってかんじですね。まあ、当日でなくて良かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

楽しいカプラ

今日は、市内の高校におじゃまして「カプラ」という薄い木の積木で遊ばせていただきました。 09290002.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

「ココログれっすん」

 総選挙の時から、話題の「ブログ」ってそんなに簡単にできるのか〜?と興味津々でありました。議会もようやく一区切りし、ついに挑戦してみました。
 挑戦というほどの事もなく、あれよあれよという間に形になっていくじゃない。ほんとに簡単!しかし、まだまだ初心者の私、「技」の習得を目指して、秋の夜長は「ココログれっすん」してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

消える?「社会教育のまち」

 昨日(9/27)、社会教育委員会議が開かれた。内容は、8月末に教育長から諮問を受けた以下の問題について1.生涯学習社会における公民館等社会教育施設のあり方について(1)公民館が果たしてきた役割と今後のあり方について、(2)受益者負担制度の導入について(3)社会教育行政のあり方について
2.青少年施策の基本構想について
 9月議会の最終日と重なり、私は傍聴には行けなかったが、市民の関心は高く約20名の市民が審議を傍聴したらしい。要するに公民館の有料化と教育委員会の所管である社会教育部門から、市長部局の生涯学習部門に移して今後の運営を行っていくというものらしい。
 正直、私は「社会教育」についてさっぱり知らない。にもかかわらず、この問題を議会で審議する担当になっている。12月議会に向けて、公民館職員であった同僚議員の指南を受けながら勉強させていただきます。

 ただ、うちの子がまだ赤ちゃんだった頃(約10年前)「大阪子育てパワーアップ情報」という大阪のお母ちゃん達がつくった情報誌がありまして、そのお母ちゃん達の独断?で枚方市はなんと「大阪で子育てしやすい街ナンバーワン」の座に輝いたのでした。
 保育行政が進んでいいたことと、公民館等での保育付き講座がたくさんあり、社会参加がしやすい街という評価だったように思います。今も、公民館ではたくさんの子育てサークルが活動しています。これまで、築いてきたものがどう変えられようとしているのかしっかり見極めたいと思います。

 ちなみに、わが街の市長は、9月議会の一般質問で、ある議員に「枚方を子育て日本一の街に」する気はないかと聞かれ、「日本一の街に」していくと答えておりました。
 なんて、無謀な答弁!ありえない!と心の中で絶叫した私でした。
 だって、「少人数学級を市独自で実施を」「学童保育(留守家庭児童会)の時間延長を」「中学校給食の実現を」「学校図書館に専任司書の配置を」こうした願いに対し、どれもこれも無理、無理、出来ない、としか答えてないのに…。一体どこがどうひっくりかえったら「日本一」になるのやら…。

 いや!いいんです、本当に「日本一」を目指してくれるなら。志高くがんばれ!枚方市!
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クロです!

この子が我が家のペット、ミニチュア・ダックスフントのクロです。2004年8月31日生まれの男の子。本当にミニチュア〜?と疑われる大きさです。哀愁のうる目がチャームポイント。ゴミ箱あさりが大好きなのが困りもの。IMG_0111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自治体ブランド

 今、「自治体のブランド」づくりが流行ってるようですね。私の住む街は、大阪府の枚方市です。といっても、どれだけの人がご存じかわかりませんが、過去には「福祉のまち」、「社会教育のまち」、「菊人形のまち」として知られていたようです。
現在はというと、「大菊人形」も京阪電車のご都合で今年で最後、その他のブランドの評価も…。

そんな中、市長が「子育てするなら枚方」、「教育を受けるなら枚方」と言われるまちを目指す、まちのブランドの一つにしていくと宣言されました。本気なんでしょうか?やる気なんでしょうか?

そのために「教育のあり方を考える懇話会」を設置し、2年がかりで有識者に教育、子育て支援のあり方を語っていただくというのです。
今年は、次世代育成支援法にもとづく「新・子ども育成計画」がスタートしたばかり。子育てから教育まで盛り込まれた計画のはず…。なんで、今さら「あり方墾」なんだか、訳がわからん!
 しかも、「有識者」って聞くと、年齢層の高い、えら〜い先生のイメージを持つのは、私だけでしょうか?

ともあれ、「子育てするなら枚方」、「教育を受けるなら枚方」と言われるまちづくりが、どう進むのか?言ってる事とやってる事に違いはないのか?
  枚方で子育てして12年目の私が、厳しくチェックしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »