« クロです! | トップページ | 「ココログれっすん」 »

2005年9月27日 (火)

消える?「社会教育のまち」

 昨日(9/27)、社会教育委員会議が開かれた。内容は、8月末に教育長から諮問を受けた以下の問題について1.生涯学習社会における公民館等社会教育施設のあり方について(1)公民館が果たしてきた役割と今後のあり方について、(2)受益者負担制度の導入について(3)社会教育行政のあり方について
2.青少年施策の基本構想について
 9月議会の最終日と重なり、私は傍聴には行けなかったが、市民の関心は高く約20名の市民が審議を傍聴したらしい。要するに公民館の有料化と教育委員会の所管である社会教育部門から、市長部局の生涯学習部門に移して今後の運営を行っていくというものらしい。
 正直、私は「社会教育」についてさっぱり知らない。にもかかわらず、この問題を議会で審議する担当になっている。12月議会に向けて、公民館職員であった同僚議員の指南を受けながら勉強させていただきます。

 ただ、うちの子がまだ赤ちゃんだった頃(約10年前)「大阪子育てパワーアップ情報」という大阪のお母ちゃん達がつくった情報誌がありまして、そのお母ちゃん達の独断?で枚方市はなんと「大阪で子育てしやすい街ナンバーワン」の座に輝いたのでした。
 保育行政が進んでいいたことと、公民館等での保育付き講座がたくさんあり、社会参加がしやすい街という評価だったように思います。今も、公民館ではたくさんの子育てサークルが活動しています。これまで、築いてきたものがどう変えられようとしているのかしっかり見極めたいと思います。

 ちなみに、わが街の市長は、9月議会の一般質問で、ある議員に「枚方を子育て日本一の街に」する気はないかと聞かれ、「日本一の街に」していくと答えておりました。
 なんて、無謀な答弁!ありえない!と心の中で絶叫した私でした。
 だって、「少人数学級を市独自で実施を」「学童保育(留守家庭児童会)の時間延長を」「中学校給食の実現を」「学校図書館に専任司書の配置を」こうした願いに対し、どれもこれも無理、無理、出来ない、としか答えてないのに…。一体どこがどうひっくりかえったら「日本一」になるのやら…。

 いや!いいんです、本当に「日本一」を目指してくれるなら。志高くがんばれ!枚方市!
 

|

« クロです! | トップページ | 「ココログれっすん」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さっそく、お邪魔します。当方HPもブログも更新できてませんが、hitomiさん頑張ってください。(お前が言うなって?)
枚方の社会教育の歴史を肌で感じれば感じるほど自分はいったい何をしているのかって自問自答するときがあります。
保育問題をきっかけに枚方の大先輩から譲り受けた「枚方テーゼ」に関係する資料。
1963年に出された「枚方テーゼ」。時代背景が時代背景だけに考える所はいろいろ有りますが、改めて今読み返しても十分通用すると思います。
本当に市民が社会教育を自らの権利と位置づけた時新たな大波が押し寄せてくるのではないでしょうか。
頑張ってくださいね!!

投稿: あ~ | 2005年10月 1日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/6152949

この記事へのトラックバック一覧です: 消える?「社会教育のまち」:

« クロです! | トップページ | 「ココログれっすん」 »