« 保育所民営化の良いところは? | トップページ | 留守家庭児童会の交渉 »

2005年10月26日 (水)

怖かった

  昨日は、枚方で大きな火災がありました。ドンドンと地響きのような爆音に慌てて家を飛び出すと、ほうぼうから人が集まり火事の様子を見ています。とてつもなく大きな火柱が吹き上げるようにあがっているので、春日なのかしらと思い近くまで見にいきました。まだ、先の日本精線の奥だとわかり、とりあえずひきあげました。
 しかし、夜間にもかかわらず、中学生と思われる子たちが自転車でわきあがうように見物に出てきて、道路をびゅんびゅん横断していました、交通事故にあわないかと心配しました…。
 
 何が原因かわかりませんが、まだ若い社長さんが亡くなられました。心からお悔やみを申し上げます。

昨日は枚方市寝屋川市合同の防災訓練が淀川の河川敷で行われ参加させていただいたところです。災害が起きたらどうするのか、しっかり備えておかないといけないとあらためて感じました。

 さて、今日は宇山保育所の民営化を問う裁判の結審の日、地裁の806号法廷で午後1時15分から行われます。傍聴にでかけたいと思います。

 
 

|

« 保育所民営化の良いところは? | トップページ | 留守家庭児童会の交渉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/6664411

この記事へのトラックバック一覧です: 怖かった:

« 保育所民営化の良いところは? | トップページ | 留守家庭児童会の交渉 »