« 12月議会への提案見送り | トップページ | CAP…子どもを暴力から守ろう »

2005年11月25日 (金)

学校安全監視員

 本日は、12月議会を前に文教委員協議会が開かれました。本来なら、公民館問題が報告の予定でしたが総務委員協議会同様に取り下げとなりました。
 
 公民館の他の報告案件は、学校安全監視員の実施状況と、野外活動センターなどへの指定管理者の選定結果について。

 学校安全監視員については、広島の事件の直後でもあり、また、地域からもいろんな声が出ているようで、私も含めて各委員からそれぞれ意見が出されました。割と共通して出された意見としては、学校の中の事は、教育委員会でやるべきじゃないのかということ。PTAや地域の協力の問題などです。

 教育委員会は、これから安全監視にあたっていただいた皆さんにアンケート調査を実施し、その結果も見ながら取り組みのあり方を検証し今後に生かせるよう検討するそうです。

 基本的には、学校内は教育委員会が責任を持つこと、通学路についてはPTAや地域の皆さんと協力して取り組むなど役割分担をし、ボランティアにはボランティアとしてのご協力をお願いする(強制しない)事が大切ではないでしょうか。今後、アンケート結果を見ながら、より良い形で実施されるように求めていきたいと思います。
 
 また、実施当初から求めていた保険の改善は12月に、詰め所と職員室の緊急通報装置の設置は年度内に行うとの事でした。

また、いろいろとご意見があればお聞かせ下さい。

 

|

« 12月議会への提案見送り | トップページ | CAP…子どもを暴力から守ろう »

教育」カテゴリの記事

コメント

すみません×3

2回も送信してごめんなさいm(__)m

投稿: はくの彼女 | 2005年11月28日 (月) 15時13分

すみません。
もう少し丁寧にコメントしないと駄目ですね。

私が以前に「CAP」の講演?活動をされてる方と直接お話した時は、
CAPの主目的は犯罪にあった時に自分の身を守る事ができる様、訓練?する。
例えば大きな声の出し方等・・・。
次に、いじめ等にあった人の気持ちやいじめる人の気持ちを考えあう

こういった事が中心のプログラムと聞いています。
もう8年くらいまえでしょうか、まだ府や市からCAP講演の補助金がおりていて、
年度始めに申し込むと大抵認められるといった内容でした。

それが、年度途中に取り組みを考えた為、断念。
しかも、次年度からは、大幅に予算が削られるため、ほとんど自費負担になってしまうといったCAPの活動をされているかたのお話でした。

それ以後、ほとんど予算が無いようで、我が子の学校でも校長が
「CAPの希望を出しているが予算がつかないので、順番待ち状態」
といった話を聞いています。

学校によっては、PTAが主催で行なっているところもあるという事ですが、
一回30万円(多分)という半端な金額でないため、なかなか自費負担では難しいのが現状ではないでしょうか?
CAP講習は集団で受けないと効果?意味がない?らしいです。
全ての子ども達が、毎年とまではいかなくでも、数年に一回受けてほしいと
個人的に思っています。

投稿: はくの彼女 | 2005年11月28日 (月) 14時37分

すみません。
もう少し丁寧にコメントしないと駄目ですね。

私が以前に「CAP」の講演?活動をされてる方と直接お話した時は、
CAPの主目的は犯罪にあった時に自分の身を守る事ができる様、訓練?する。
例えば大きな声の出し方等・・・。
次に、いじめ等にあった人の気持ちやいじめる人の気持ちを考えあう

こういった事が中心のプログラムと聞いています。
もう8年くらいまえでしょうか、まだ府や市からCAP講演の補助金がおりていて、
年度始めに申し込むと大抵認められるといった内容でした。

それが、年度途中に取り組みを考えた為、断念。
しかも、次年度からは、大幅に予算が削られるため、ほとんど自費負担になってしまうといったCAPの活動をされているかたのお話でした。

それ以後、ほとんど予算が無いようで、我が子の学校でも校長が
「CAPの希望を出しているが予算がつかないので、順番待ち状態」
といった話を聞いています。

学校によっては、PTAが主催で行なっているところもあるという事ですが、
一回30万円(多分)という半端な金額でないため、なかなか自費負担では難しいのが現状ではないでしょうか?
CAP講習は集団で受けないと効果?意味がない?らしいです。
全ての子ども達が、毎年とまではいかなくでも、数年に一回受けてほしいと
個人的に思っています。

投稿: はくの彼女 | 2005年11月28日 (月) 14時33分

久しぶりのメールです。
ひとみちゃん、いつも議会での奮闘、ご苦労様です。
はくの彼女さんもはじめまして。

CAPについて、詳しい知識はないのですが、昨年2回枚方で、CAPのプログラムを日本に導入された森田ゆりさんの講演を聞く機会を得ました。
たくさん聞かせていただいた中で、私が何より心に残ったのは、自分の感じ方、気持ちを尊重することの大切さです。自分が抱いたどんな気持ちも自分にとって大切なもの。その気持ちを自分のことばで伝えることのできる人がいるということの大切さです。
CAPの基本の考え方というのはそこではないかと思い、そのことを大切に我が子を見ていきたいなと思っています。(そこを外さないよう我が子とつき合っていきたいと努力してます。というべきかな?)
講演会で紹介された森田さんの著書、「気持ちの本」という絵本、自分の気持ちにいきづまったとき読み返しています。私のお勧めの絵本です。

投稿: ちゅん | 2005年11月28日 (月) 13時18分

教育基本法
前文
われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。

(教育の目的)
第1条 教育は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。

…「犯罪者にならない教育」って言うより、平和で民主的な社会の形成者となる人格の完成をめざす教育を学校教育でも社会教育でも貫いてほしいと願います。
 誰も願って、犯罪者になる訳じゃない、どこかで歪められていくのだとすれば、人間らしく生きられる社会をその社会をつくる人間の教育をって願います。
 でも今は、社会に出て生き抜けるように、今の時代に適応できるようにって言いながら「人材育成教育」にと「教育改革」は進められているような気がしてなりません。

CAPの件は、ちょっと調べてみますね。

 

投稿: hitomi | 2005年11月28日 (月) 00時02分

広島の事件は私も、短時間でのことだけにショックでした。

学校でも校長等に意見をしていますが、犯罪を防止するといった意味は、
犯罪に会わない事と、犯罪者にならない事、犯罪が起きた時最小限に防ぐ事の
視点が必要だと思います。

現在学校では、「犯罪に会わないこと」が中心に行なわれていて、
犯罪者にならない、被害を最小限にするという対策には乏しい実態です。

例えば、お隣八幡市では、小学校6年間のうち低学年と高学年に2回
「CAP」講習が行なわれるという事です。
これは、犯罪に巻き込まれた時最小限に防ぐ事と、犯罪者にならない事の
効果があって保護者としては、こうした両側面からの対策を望みます。

学校監視員は予算がおり、パトロールは地域での無償行為。
財政難で、最大の努力しているという事でしょうが、
枚方市では、つい先日子どもによるショッキングな犯罪が起きたばかりです。
今、他市以上の取り組みが求められていると思います。

投稿: はくの彼女 | 2005年11月27日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/7316559

この記事へのトラックバック一覧です: 学校安全監視員:

« 12月議会への提案見送り | トップページ | CAP…子どもを暴力から守ろう »