« サンドイッチ | トップページ | 学校安全監視員 »

2005年11月21日 (月)

12月議会への提案見送り

 今日は、総務委員協議会が開かれました。
12月議会に公民館を廃止し、生涯学習市民センターとして有料化していきますという報告がされるはずでした。
しかし、協議会の開始直前になって、報告をとりやめることに。
 とにもかくにも、これで12月議会への議案提案は見送りとなりました。

25日には、文教委員協議会が開催されますが、文教の案件も取り下げられました。
しかし、教育委員会としては方向性を決めたわけですから、12月議会に提案をしないにしても(ずっとしないでいいんですが)それは、それできちんと報告すべきだと、私は思います。

明日は、公民館運営審議会が開催の予定。どのような議論がされるのか、こちらにも注目です。

|

« サンドイッチ | トップページ | 学校安全監視員 »

教育」カテゴリの記事

コメント

 どうやら公民館の「生涯学習センタ」化に向けての道筋が出来始めたようですね。枚方市のHPでパブリックコメントを募集しているようですが、これもいってみれば結果ありきの意見募集という「一応形は整えました」という口実に使われるだけなんでしょうか。指定管理者制度などによる経費を市民の「受益者負担」によって補おうという事のようですが、ラポールひらかたの例を見ても直接管理から委託になって良くはならないという事が明らかだと思いますけれど・・・。ラポールひらかたなんて、酷いものですよ。大研修室の暗幕はなかなか修理しないで、揚げ句に利用者に「暗幕は下まで下げ切らないように」だって。それじゃ昼間のプロジェクター使用はどうするって言うのでしょうか。
 そんな状態で利用料を払わなければいけないなんていうのはつまりは質の低いサービスに金を払えといっているようなもので、武家商法並の言い分ですよね(ラポールは今回の件には該当しませんが)。これと同じような事が各公民館で起こるのでしょうね。
 「利用対象者を広げる」と非常に耳障りの良い事を言っているようですが、その実、利用者は企業が増えるだろうことは簡単に予想され(企業から見ればこれらの利用料は格安ですから)、結果として市民活動の妨げになる事は確実です。現公民館を各企業や個人の営業目的などで使い始めると、ラポールの例でも印刷機などのトラブルは多発し、結果として維持費がかさむ事も予想できます(一時期、ラポールの印刷機で個人のお店のビラをウン千枚単位で印刷していた人が沢山いて、印刷機を一般市民が利用できなかったり故障してしまったりと問題が多発しました)。パブリックコメント、今月28日まで受付という事ですが、どの程度まで意見が反映されるのでしょうね。あまり期待していませんけど・・・・。

投稿: しま | 2005年12月 4日 (日) 14時22分

 現市長は「枚方テーゼ」を嫌っているという話を聞いたことがあります。
 現在の枚方の市民運動や市民学習のレベルの高さは全てこの「枚方テーゼ」あればこそで、それを支えて来た公民館や市民センターなどがあればこそ、市民が安心して自主的に学び、考え、集い、動く事が出来たのだと思っています。
 これらを根本的に揺るがし、否定してしまうような公民館の廃し、有料化はどうしても納得のいく方向だとは思えません。ましてや、今回の方な不意打ちはあまりにも市民を馬鹿にしたやり方だとしか思えません。
 悪く考えると、これらは市民の社会教育のレベルを低下させ、為政者の言いなりになる従順な市民を作ろうとしているように見えますが、どうなのでしょう。
 国の方針もあるでしょうが、ここ数年の福祉行政の質の低下や弱者の切り捨て、そして今回のような行為は一体何を目指しているのでしょうか?
 「福祉の街、枚方」、「社会教育の街、枚方」はもう過去の遺物なのでしょうか。

投稿: しま | 2005年11月28日 (月) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/7251186

この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会への提案見送り:

« サンドイッチ | トップページ | 学校安全監視員 »