« 公民館の一元化・有料化説明会 | トップページ | 附則で廃止なんて… »

2005年11月14日 (月)

教育委員会傍聴

 昨日は、公民館の一元化・有料化問題が教育委員会で審議され、あっけなく全員賛成で了承されました。学校規模等適正化審議会の再開もはかられていました。

市長部局に移ったらどうなるの?って質問もいただいてます。
「市長部局」って聞き慣れない言い方ですが、簡単に言えば市長が管轄する行政機関や部署のことです。
 公民館は市長部局とは、独立した行政機関である教育委員会の所管です。
 
 公民館は社会教育施設として、教育委員会が教育基本法、社会教育法、公民館の設置及び運営に関する基準等にもとづき、その法の目的に基づき運営を行ってきたわけです。市長部局に移れば、社会教育法に基づく位置づけではなくなります。

ちなみに、社会教育法第5章が公民館の章で、
第20条(目的)には、公民館は〜略〜学術及び文化に関する各種事業を行い、もって住民の教養の向上、健康の増進、情操の純化を図り、生活文化の振興、社会福祉の増進に寄与することを目的とする。
って書かれています。

これにもとづき、「公民館の設置及び運営に関する基準」(文部科学省告示)なども定められているのです。そこでは、どんな事業をすすめるのか、職員はどうするのか等が書かれています。

 例えば、第4条関係(地域の家庭教育支援拠点としての機能発揮)
 子育てグループやそのネットワーク等の育成やこれらのグループ等の育成やこれらのグループへの配慮などにより、家庭教育への支援の充実に努めるものとする

と書かれています。

 埼玉県新座市では、枚方とは格段に違う市民参加の手法で「次世代育成支援計画」がまとめられており、私も勉強に行かせてもらったのですが、公民館が子育てサークルのネットワークづくりを支援して、横のゆながりをうみだし、そのネットワークの代表が計画策定にも大きく係わって、子育て世代の意見を可能な限り反映する努力をされていたようです。そうした活動の中から、子育て支援に取り組むグループがうまれて親子で気軽に立ち寄り遊べる「つどいの広場」の運営をされてもいました。

 私は、公民館についてあまり知らなかったのですが、人と人とをつなぎ、編み出されたその力で地域を豊かにする実践的な活動を作り出す、すごいところなんだな〜と感嘆しました。そして、それが出来るのも職員あったればこそだともその時感じたのです。

 第8条に職員について書かれています。
 館長を置くほか、〜公民館主事その他必要な職員を置くようにつとめる

 この間、いろんなお話を聞いてて思うことは、生涯学習のより一層の推進、「公民館のバージョンアップ」なんて言われてますが、結局、市長部局に移したい理由は「小さくても仕事のできる市役所」スリムな行政づくりではないでしょうか。

 市長部局と重複している事業があるから無駄だ。公民館の運営事業費はどんどん削られてきたけれども、これ以上削るには、公民館でなくすることがてっとり早いって事ではないでしょうか。
 人も、公民館でなく貸し館に変えたら、そのうち民間に委託していくんでしょうね。
 我らのまちの目標はなんてったて「小さくても仕事のできる市役所」です。でも、いつでも「ここは今のまま残して」って思っているところ、幼稚園も保育所も公民館も市民が誇りを持って愛しているところを削るんですよね。

|

« 公民館の一元化・有料化説明会 | トップページ | 附則で廃止なんて… »

教育」カテゴリの記事

コメント

遠隔地への返信、ありがとうございます。

>廃止条例が通って、新条例が否決

・・・・ははは。本当にこんな事態に陥ったら、執行部の面目丸つぶれですね。(公民館は無くなるは、後がまの生涯学習センターは立ち上げられないは)

でもなぜ、市長さんの裁量(正確には、市長さん配下の役職職員さんの裁量)で運営が決められる施設に衣替えなのか・・・使用料収入が得られる用途を誘致営業する形にならなければいいのですけど。

#自治体が誘致したイベントの会場にするとか・・・(娯楽、地方物産展、etc...)

* 根回しもそこそこに事進めてる?? // westwind@周防国 *

[profile:Hitomi_200511172119]

投稿: westwind | 2005年11月18日 (金) 01時27分

westwindさん、コメントありがとう。そうなんですね、附則で廃止しても手続きとしては問題なし。でも、私は附則では不足なのです。(つまんない親父ギャグ入れてる場合ではないですが…)教育機関としての公民館を廃止するかどうか、教育の問題を審議する議会の委員会としての文教委員会にはっきり問うてから次のステップに進んでもいいんじゃないのってかって思うわけです。
 確かに、廃止条例が通って、新条例が否決されるといった事になると困るのでしょうが…。その時は、その時で対応の仕方がないわけじゃないと思うんですがね〜。

投稿: hitomi | 2005年11月17日 (木) 12時19分

ども、もひとつ割り込みです。

>公民館でなく貸し館に変えたら、

うみゅみゅみゅ‥流しの出張販売業者さんも、建屋等を販売会場に使える事になるんですね、法令等々の規約が緩み外れたら。(当然、それなりの使用料を徴収する事になるのでしょう)

職員も民間委託ということになったら、そのうち館自体も民営化?・・・自治会(町内会)の催し物はどこに行ってしまうのでしょ?

#個人が占有する便益とは、違うような気がする>自治会・子ども会等が得る会場使用便宜

* 縛りは緩め、財布は締めて? // westwind@民営化手法 *

[profile:Hitomi_200511150708]

投稿: westwind | 2005年11月17日 (木) 03時24分

コンゴウさん、コメントありがとうございます。
 30日に「ひらかたの公民館を良くする会」主催でシンポジウムが開かれます。午後6時30分からメセナ枚方で行われます。メインの講演を行っていただく先生は、すでに全国で有料化されたり、一元化された市でどんな事が起きているのかをお話しいただけるようです。
本当にこのままではどうなってしますのか心配ですね。

投稿: hitomi | 2005年11月16日 (水) 12時53分

…ということは、利用者説明会で配られた資料に書いてあった
公民館の「社会教育法で定められている利用範囲の制限」というのは、
営利や宗教や政治活動から一般市民の自主的活動を守るために
設置者である行政に課せられた制限なんですね。
だから市は、足枷となっている制限を撤廃しようとしているのかぁ。
生涯学習センターになって制限が撤廃されたら、市民活動は建前とは裏腹に
実質圧迫されることになるんですね。

投稿: コンゴウ | 2005年11月16日 (水) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/7119013

この記事へのトラックバック一覧です: 教育委員会傍聴:

« 公民館の一元化・有料化説明会 | トップページ | 附則で廃止なんて… »