« 第2回学校規模適正化審議会 | トップページ | 公民館一般質問 »

2005年12月12日 (月)

出た!愛情弁当論

 本日の一般質問では、池上典子議員が中学校給食の問題を質問されました。

「中学校給食の早期実現を求める請願」が枚方市議会で不採択となってから、15年が過ぎました。全国では8割を超える自治体で実施され、新たな実施も増えています。

 ところが、枚方では請願が不採択になったことで、議会の結論は出ていること、新たに施設をつくると多大な経費がかかることを理由に実施は困難との態度をとり続けてきました。私が初めてこの問題を議会で取り上げたときには、はしにも棒にもかからない、けんもほろろの答弁しか返ってきませんでした。

 それでも、私のまわりの人たちからは、実現を望む声が強く、繰り返し議会でこの問題を取り上げてきました。ようやく9月の議会では、お弁当を持って行けない時のための昼食対策事業については、市長がその必要性を認める答弁を行ったところです。
その後、市民派の高橋議員が実施を求める質問をされ、今日は池上議員が質問をされたわけです。

 議会では、あらためて検討をするべきとの意見が見える形で現れ始めたということで、画期的だと思います。

しかし、市長の答弁は、「請願の結論が出されている、中学校給食の実施には多額の経費がかかる、愛情のこもったお弁当を基本に」という従来答弁に愛情弁当論をくっつけたものでした。

 小学校は「愛情給食」なんですけど…。
 まさか、今頃「愛情弁当論」を言うなんて、思ってもみませんでした。

 ぜひ、続きの議論をしたいと思います。

しかし、15年前に出された請願が不採択になった重みが今もこんなに重くのしかかるなんて。15年も前ですよ〜。

|

« 第2回学校規模適正化審議会 | トップページ | 公民館一般質問 »

教育」カテゴリの記事

コメント

 大阪市内の中学校には食堂があったんですね。今も、あるのかな〜?
私の個人的希望としては食堂方式ですね。長尾高校の食堂には、大変お世話になりました。

 児童手当に対する国の負担を減らすって言われていますが、このままでは枚方市では10億円もの影響があるようです。こんなことされたら、道のりはますます遠くなります。

全国の8割で実施されていて、大阪府下では1割でしか実施されていない中学校給食。
確か、太田房江知事も子育てナンバーワンの大阪を目指すって言ってませんでしたっけ…?

大阪府がしっかり応援してくれれば、中学校給食だって出来ない話しじゃないと思うんですけどね。

 

投稿: hitomi | 2005年12月13日 (火) 22時02分

わが娘は中学給食を経験できないままに卒業ってことですね~2.3歳のころお隣の交野市が実現できてて期待してたんだけどな~現状が動かないというのが不自然ですよね。成長期の給食は栄養面でもすばらしいと思うのですが・・・
私は30年前、大阪市内の中学でしたが、良いか悪いか食堂とパンの購入部がありました。食堂のおばさんやパン屋のおじさんとたわいない会話がうれしかったものです。

投稿: megmew | 2005年12月13日 (火) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/7588819

この記事へのトラックバック一覧です: 出た!愛情弁当論:

« 第2回学校規模適正化審議会 | トップページ | 公民館一般質問 »