« 公民館等の教育機関の廃止について | トップページ | 入れない保育所 »

2006年2月15日 (水)

今日は総務委員協議会

  今日は、総務委員協議会が10時から開催されます。生涯学習審議会の設置についてが案件としてあがってきます。協議会というのは、決定機関ではありません。各委員会(総務、文教、厚生、建設)の所管する事業に対する説明・報告の場ということで、議案となる案件の審議のような質問は出来ないことになっています。
 
 ですから、今日の総務委員協議会でも気になる案件ですが、さらりとした質問になると思います。しかし、どんなメンバーを何人ぐらい予定しているのか、これまでの社会教育委員会議や公民館運営審議会との関係はどうなるのか等は明らかになると思います。

 昨日の、文教では、おかしな答弁がありました。副市長が「意見交換会で充分理解を得ていただいたと思っている」と発言。理解が得られていないから、3月議会を見送ったはずなのに…。

 「充分な議論がつくされていない」という有識者の指摘からも、市民理解が得られない原因も教育委員会できちんとし議論がされてこなかったことが要因だ。再度社会教育委員会議、公民館運営審議会に諮問すべきだ」と私も教育長に問いましたが、あいかわらず教育長は「適切だった」とのべられています。

 本来、意見を聞くべきところに正式に諮問もせずに、別の審議会を立ち上げるのはおかしいと思います。審議会は4月から設置し8月にはプランをまとめ、9月議会に再編案の提案を予定しています。
 
 再編を実施すれば良いという議員からは、12月議会では3月と言っていたはずなのに、3月も見送りとはおかしいじゃないかという意見が出されていました。
 再編に賛成の議員も、反対の議員も双方納得のできない状況になっています。

文教委員協議会の打合会では、傍聴についてが議論に。傍聴者数を制限すべきという議員の意見がでたからです。私も「公開が原則」と反論し、しばしもめましたが、従来通りでいくこととなりました。市民に見えないところでの攻防です。

|

« 公民館等の教育機関の廃止について | トップページ | 入れない保育所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/8668974

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は総務委員協議会:

« 公民館等の教育機関の廃止について | トップページ | 入れない保育所 »