« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年7月

2006年7月17日 (月)

生活保護学習会

 枚方・交野生活と健康を守る会が7月16日に「生活保護学習会」を開催し、私も参加しました。

 学習会の講師は全大阪生活と健康を守る会連合会の大口さんです。大口さんからは、所得格差が広がるなかで、生活保護受給者が増加している状況とともに、北九州で生活保護を巡る餓死事件が起きたように、「最後の砦」としての役割が発揮されていない府下の事例を紹介されました。

 4万円の年金で暮らす83才の女性が保護の申請をしているのに、81才の弟からの支援をしてもらえと何度も追い返していたという話し。この女性はこれまで81才の弟から若干の支援を受けて生活を営んできたものの、弟さん自身の生活のやりくりが困難になり支援ができないと言われたことから、困り果てて役所の窓口に訪れているのです。真夏に徒歩で20〜30分かけてやってきている高齢者の申請を、なんだかんだ言って受け付けなかったということですから、本当にひどい話しです。
  また、30代の母子家庭の女性(収入11万)で二人の子どもを育てるのが困難になり、相談しても受付なかった等の話もあり、北九州の餓死事件のような事を繰り返してはいけないと感じました。

 大口さんは、ヨーロッパ先進国の労働者が労働条件と社会保障の充実を求める運動を車の両輪として取り組み、社会保障制度が確立させてきた歴史や日本の生活保護の歴史を紹介しながら、憲法25条にもとづく国民の権利として確立した現在の生活保護法の積極的意義を強調されました。

 あのハリー・ポッターのローリングさんが生活保護を受けながら原稿を書いていたという話は有名ですが、その話を聞いたとき、「日本ではありえない」と思いませんでしたか?
  ポストに投函するだけでも、保護の申請が出来るとか‥。申請をさせまいと、水際作戦で追い返すことに必死になっている日本との違いに驚きます。

 また、自公政権が母子加算の廃止や保護基準の削減、などを進めようとしていることも紹介されました。保護基準の削減とは、年金の額が低すぎて生活できない状況を放っておいて、生活費の基準額を低い年金額にをあわせて引き下げようというものです。

 すでに高齢者加算が廃止されるなかで、お風呂のお湯は1週間は変えない、近所とはつきあわない(ご近所で何かあっても、おつきあいする金銭的余裕がないから等の声が聞かれるそうです。そんなことをすれば、人間としての尊厳を奪われるような生活をしなければ暮らしていくことが出来ない人を多数うみだすことになるのではないでしょうか。

 最後に大口さんは、憲法と生活保護法を基本に「人間の尊厳」が守られるように、生活実態を示し、連帯してたたかうことを呼びかけられました。
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

認定子ども園

 6月9日、「認定子ども園」法が成立しました。法律では、保育内容や施設の条件は、文科大臣と厚労大臣が定める基準(指針)を「参酌」して、都道府県知事が条例で定めるとしています。政府は、6月28日に開催した全国課長会議で「認定子ども園の認定基準に関する国の指針(案)」を発表し、パブリック・コメント(7月14日締切)を実施しています。

国が示すのは参酌基準であり、都道府県ではこの基準より厳しい認定基準も緩やかな認定基準も設定することが可能だと、文部科学省は説明しています。

それでは、自治体の条例はどうなんでしょう。
各自治体では独自にこれまでから保育の基準や幼稚園の基準を設けてきているところがありますよね。都道府県の条例のうえに、各自治体が条例をつくることは可能なんでしょうか?
ご存じの方は教えて下さい。

 指針(案)では、給食の外部搬入OK、園庭は敷地内になくても0Kとなっているようです‥。
直接契約制度も導入されることになります。

保護者のニーズにこたえるとか、なんだかんだ言っても、
これでは、保育水準の低下につながるんじゃないかな。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »