« 住民投票条例否決 | トップページ | すすむ学校給食でのアレルギー対応 »

2006年9月29日 (金)

新内閣による教育改革

 新首相の教育改革案を聞いて驚く。
 学校選択制の導入、国による学校評価、教育バウチャー制度の導入、全国学力テストの実施と公開を進めるという。
 学校間競争を激化させ「選ばれない学校」は、廃校若しくは民営化…。すざましすぎませんか?

 教育基本法を改正して、こんな教育改革をやろうという首相。

 本当にやってほしいことは、教育条件の整備、高等教育の無償化、国連からも指摘される行き過ぎた競争主義をあおる受験制度の是正です。

 にもかかわらず、大阪府では日本一高い府立高校授業のさらなる引き上げと、私立高校に通う子どもへの授業料助成の削減を検討しているらしい。

大阪の授業料は14万4000円にクラー代5400円がついて、14万9400円。お隣の京都の11万1600円と比べてもすでに割高なのに。授業料減免制度も改悪されている。

 知事は、これで「子育て環境日本一の大阪をつくる」なんて言えるの?納得がいきません。

教育費無償は世界の流れです。1966年に国連総会で採決された世界人権規約には「中等教育・高等教育の無償の斬新的な導入」を定めた条項があります。世界各国はこの条約を批准し、そうした方向で国の教育が進められた結果、多くの国々で高等教育まで含めた授業料の無償化が進められています。

 しかし、世界でたった3国だけ、この条項を批准していません。
日本、ルワンダ、マダガスカルです。
なんてことでしょう?

 

 

|

« 住民投票条例否決 | トップページ | すすむ学校給食でのアレルギー対応 »

教育」カテゴリの記事

コメント

イギリスの教育改革が日本の教育改革のお手本にされているようですね。
以前、NHKでLDに関するイギリスの教育について取り上げていたことがあって、その対応のきめ細やかさに驚きました。

 というわけで、イギリスの教育について漠然と良いイメージだけを持っていたのですが、教育改革により義務教育を履修しないまま退学している子ども達が増えたとの話しも最近聞き驚いています。 

 イギリスの教育改革について、ちょっと勉強してみようと思います。

 ところで、枚方市の学校規模適正化審議会の議論も進んできているようです。具体的な学校名もあげられての検討がされています。

 9月議会で、枚方市は学校にクーラーを設置するため調査委託費を予算化しました。PFIでの可能性調査委託費という名目になっています。

 2月には中間報告が出されるとのことなので、選挙前にクーラーを設置するよというのが「教育の枚方」の一つの目玉になって現れるってことでしょうね。
 日本一暑いまちの教室は日本一暑い。
私たちも設置を求めてきたのですが、なんとなくすっきり喜べない。

 一つは、大阪府みたいにクーラー代を取るとか言いそうなこと…。議会でも、お金がないなら保護者に負担をさせたらみたいな意見が出されてたし…。まあ、費用負担の問題は選挙後の話しでしょうが。毎月の諸費は、たいがいな金額なのに、この上さらに負担はやめてほしい。

もう一つは、PFIでの実施。維持管理まで含めて民間会社の投資で行うというもので、自治体にとっては初期投資の負担がないからメリットがあるという説明でした。
 一方で、学校校務員さんの民間委託が検討されています。
そのうち学校の施設管理が丸ごと民間に委託されていくのはないでしょうか。
今すぐ の話しではないでしょうが、そういう土台が築かれていく気がします。

 さらに、学校統廃合とのからみも気になる。


 

 


投稿: hitomi | 2006年10月 1日 (日) 23時27分

「学校の選択制」
もう随分前に、中学校が選択制となった自治体の報告書を読ませていただいたことがあります。
当時は、私自身、不登校等に配慮する意味で選択制にはそう疑問をもっていませんでした。
ところが、その報告書では、学校の選択制によって、校長の仕事は「生徒集め」
学校内では問題生徒の追い出し、問題校には問題児だらけ、問題校には先生も来ない、○年定員割れの場合は廃校・・・等、等なんとも公教育とは何ぞや?
という内容でした。

義務教育ですでに、人間としての「優劣」を決めていきたい?
と感じる施策です。

今だって、私学に行きたい子は行ってて、選択している人は
選択しています。
これ以上に特に必要だとは思えませんが・・・・・・。
イギリス教育改革の例を挙げているようですが、今の一番の
注目国は、学力NO1と言われる、フィンランドですよね~。

本当に、イギリスの真似をするの????

投稿: はくの彼女 | 2006年9月29日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/12081539

この記事へのトラックバック一覧です: 新内閣による教育改革:

« 住民投票条例否決 | トップページ | すすむ学校給食でのアレルギー対応 »