« 入所問題、生涯学習市民センターの減免、成人式について要望 | トップページ | 枚方市の成人式について »

2006年10月31日 (火)

成人式・いじめ

 昨日は、教育長にも市長にお願いしたのと同様に成人式についての要望を行ってきました。
同時に、いじめの問題についても早期発見と教師集団による一致協力した取り組みがされるようにと要望を行いました。

 いじめの問題は個々いろいろな事情があるんでしょうが、やっぱり子ども達がいろんな意味でストレスを抱えて生きている、生きなければならない状況におかれていることも背景としては大きな影響を与えているように思います。

 家庭のしつけの問題、いじめる側、いじめられる側の性格や行動の問題、教師の質の問題など、いろんな事が指摘をされていますが、根っこのところにも問題があって、個々の事情が重なりあっているのではと感じています。

 子どもの生活にも不安感を与える「格差社会」と、国連からも指摘をされる子ども達の人格を歪めるような「受験制度」のあり方…。

 教育基本法の審議が進められています。日本共産党の志位さんが、いじめの問題をとりあげながら質問をしていました。(続きでに掲載しておきます)

  現実を変えるの事は簡単に出来ることではないけど、死なないでほしい。 
 そう思います。

 うちの娘が小学校の高学年の時、「生きてて何の意味があるの?」「何で生きてなあかんの」と問うたことがあります。

 いろんな事を話しあったけど、

何のために生きるのか?
生きていることの喜びはどこにあるのか?

自分自身の答えを自分で見つけてほしいと願っています。

 

 

2006年10月31日(火)「しんぶん赤旗」より
 阿倍内閣が臨時国会の最重要法案とする教育基本法改悪法案は三十日、衆院教育基本法特別委員会で実質審議を再開しました。日本共産党の志位和夫委員長は、児童・生徒の自殺が相次ぐいじめ問題について二つの角度からとりあげ、安倍首相の姿勢をただしました。

 第一の角度は、教育基本法を改悪すれば、いじめの早期発見と教職員集団による一致協力したとりくみを妨げることです。

 志位氏は、十九日に文科省が開いた全国の教育委員会の生徒指導担当課長緊急連絡会議で配布、説明した文書を示しました。そこでは、“いじめの件数が多いか少ないかよりも、早期発見と教師集団の一致協力したとりくみが重要だ”と書いています。

 安倍首相も「いじめの件数がどうこうではなく、直ちに対応することが大事だ」と認めました。

 「ところが現実はどうか」として志位氏は、福岡県をはじめ各地でいじめの件数が多いか少ないかで学校と教員を評価している実態をあげました。「こういうやり方がいじめの実態を見えなくさせ、教師集団が協力して対処することを困難にしている。いじめ克服の上でも有害だ」

 さらに志位氏は教育基本法改悪法案に盛り込まれた「教育振興基本計画」で数値目標を掲げることになると指摘。いじめ件数を「ものさし」に学校・教員を評価するやり方に拍車をかけると批判しました。

 安倍首相は「教師が規範からはずれることをやってはいけない」と教職員の責任だけを責めましたが、志位氏は「隠ぺいは許されないのは当たり前だが、教師を追い込んでいるシステムが問題だ。教育基本法改悪で数値目標だけを押しつけるのはいじめ克服に逆行する」と批判しました。
子どもにストレス

 第二の角度は、いじめの温床に子どもたちの強いストレスがあり、その一番の原因は過度の競争主義が学校に持ち込まれていることです。

 志位氏は北海道大学の伝田健三助教授のグループの調査をパネルで紹介しました(図)。小中学生のなかでうつ病になる危険のある「抑うつ傾向」が13%もあり、学年が上がるに連れて比率は増え、中学三年生では30%に達します。

 さらに一斉学力テストと学校選択制を導入した東京のある区では、子どもがテスト対策に追われ、疲れ果てている実態を示しました。

 「ストレスの重大な原因の一つは子どもたちを競争に追い立て、序列づける、過度の競争主義だ」と迫る志位氏。安倍首相は「ゆとり教育で学習内容が薄くなりすぎたという意見もある。基本的には公教育で高い学力と規範意識を身につけるように条件整備していくことはわれわれの責任だ」と競争主義に無反省でした。

 志位氏は「競争とふるい分けからは本当の学力は育たない。教育基本法の改定と『教育再生』プランは『勝ち組』『負け組』に義務教育段階から子どもを振り分ける。絶対にやってはならないことだ」と改悪法案の廃案を強く求めました。

|

« 入所問題、生涯学習市民センターの減免、成人式について要望 | トップページ | 枚方市の成人式について »

コメント

コメントありがとうございます。
社会に現れてくる様々な現象は、今の社会の本質にかかわっているんだと思います。
社会のあり方そのものが問われているんじゃないでしょうか。

死を背後に背負い、ギリギリの状況で生きている子ども達も世界にはたくさんいますが生きようとしています。

その一方で、日本の子ども達は、自らの命を絶ってしまうところまで追いつめられています。
ホントに悲しい現実です。

大人の社会にも陰湿ないじめがあります。思想差別も公然と行われてきました。
人間をもっと大切に出来る社会をつくらないと…。報われません。

投稿: hitomi | 2006年11月 6日 (月) 20時23分

失礼します。
たまたま見たお宅の内容が私の論調と近いと思いました。
よろしかったら私の方のも目を通していただければと思います。

投稿: 津浦 篤史 | 2006年11月 1日 (水) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/12510143

この記事へのトラックバック一覧です: 成人式・いじめ:

« 入所問題、生涯学習市民センターの減免、成人式について要望 | トップページ | 枚方市の成人式について »