« 今日から水道・下水の減免受付開始 | トップページ | 「残業代ゼロ制度」提出見送り・阪神大震災から12年 »

2007年1月15日 (月)

「久保田」に酔う、嶋さんの言葉に酔う

 昨日は、後援会の新春のつどいが開かれました。たくさんの人に激励をしていただいて、感謝の限り。

 夜は子ども会の役員選出があり、来年度の役員を引き受けました。迷惑かけないように頑張ります。

 帰ってから、日本共産党が発行しているしんぶん「赤旗」に目をやると、「酒づくり人」が語る国づくりとの記事が…。朝日酒造元専務の嶋さん(77歳)、酒づくり55年が「格差社会と地酒は相いれません」と語っているではありませんか。

 新潟の朝日酒造といえば、「久保田」です。あるある、お正月用に夫が買ってきてくれたお酒がまだ残ってる。気分上場、飲みながら記事を読むことにしました。

 *********

 コスト削減が困難な中小酒造業者は厳しい経営を強いられている。安売りの手法は労働者の賃金を下げるだけ。良い酒をつくる気風がなくなり、時には杜氏などの人材が逃げ、経営がいっそう困難になる。

 農業も存続し難くなっている。米作りが困難になれば地酒づくりも困難になる。世界では、グローバル化のあおりを受けてワイン、ビール、ウイスキーの生産が減っている。昨今の「市場原理」「規制緩和」「民間活力活用」「グローバル化」という新自由主義なるものは酒づくりには受け入れがたいもの。

 戦争の正当性を主張する阿部首相は戦争を知らないでしょう。世界で軍事同盟として機能しているのは日米軍事同盟ぐらいでしょう。このままでは、政治、軍事、経済のどれをとっても「美しい国」ではなく「恥ずかしい国」になっていく。

 新潟9条の会の世話人を務めている。9条を守ろうという運動は超党派で支持されている。こうした運動は重要。いま必要な運動は、衰えつつある地域・故郷のあり方をみんなで話し合って、国づくりの方向を出すことではないでしょうか。

 ***************

 言葉にも深みがあります。世界的視野を持ちながら地道に地域の9条の運動に取り組んでいる嶋さん。素敵ですね。そんな嶋さんがつくりだしてきたお酒だと思うと、よりいっそう久保田をおいしく感じました。そんなこんなで、飲み干してしまいました。これで、08年のお正月はおしまいです。

 

|

« 今日から水道・下水の減免受付開始 | トップページ | 「残業代ゼロ制度」提出見送り・阪神大震災から12年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/13503168

この記事へのトラックバック一覧です: 「久保田」に酔う、嶋さんの言葉に酔う:

« 今日から水道・下水の減免受付開始 | トップページ | 「残業代ゼロ制度」提出見送り・阪神大震災から12年 »