« お正月 | トップページ | 山田池公園の遊具 »

2007年1月 5日 (金)

残業代ゼロ制度

 新年のごあいさつを各駅で行っています。
 市政報告も大事ですが、今、最も訴えたいことは「残業代ゼロ制度」について。
 八時間労働制など働くルールを破壊する労働法制の大改悪が今月25日から開会予定の通常国会で大きな焦点になろうとしているからです。

 労働基準法は、一日8時間・週40時間(時間外労働は割増賃金・残業代支払い義務づけ)と働き方の基本を定め、労働者を保護していますが、政府が国会に提出しようとしている労働時間制度(ホワイトカラーエグゼンプション)は、この規定の適用をうけない働き方を条件をつけて認めようというものです。
 
何時間働いても残業代はでなくなるというもの。労働時間規制を撤廃する法改悪の動きに「残業代横取り、過労死促進法だ」と全労連や連合がこぞって反対しています。

 違法なサービス残業を合法的にし、さらにもうけちゃおうという狙いでしょう。1000万人を超える労働者に影響が及び、一人あたり113万円の手取り賃金が減少するとの試算もされています。(なんてひどい話し!)
 労働者はただ働きを強いられ、過労死をうみだす長時間労働になんの規制もなくなってしまう。
 経済的な安定なしに、安心して子育てなんて出来ないのに、もうけるためなら平気でこんな無法を合法化しようとするなんて許せないと思いませんか。

日本経団連が強く要求してきたものです。献金を渡して、自分たちのもうけを生み出しやすいように法律を変えさせていく「お金で動く政治」。
がっかりだよ!「国民の声で動く政治」に変えないとね。

 

|

« お正月 | トップページ | 山田池公園の遊具 »

コメント

阿倍首相いわく、「少子化対策にも有効」だそうな。
夫が家庭にいる時間が少ないから、残業代をつけなくすれば帰ってくるとでも思っているのでしょうか。
残業代がつこうがつくまいが、仕事をこなさなければならないというのが現実でしょう。

むしろ、まともに法律を守る企業は、コスト削減のために残業をさせなくてもいいように仕事をあげる努力をするでしょう。その方が、お父ちゃんも、お母ちゃんも家に帰れるんじゃないの?

 ところで新・子ども育成計画の協議会ですが、傍聴させていただきましたが、正直言ってしんどかったですね。市民参加でやろうという姿勢がなかなか見えてこない。
 当然、絶対に子育て世代の参加は必要ですね。他市の様子も調べてますが、やっぱりちゃんとやっているところは、保育付きで夜間開催をしたり、グループ分けをしてテーマを決めて議論を深めたりと努力をされています。
 
 子育てブランドというなら、ここでしっかり議論できるよう私も引き続き求めていきたいと思います。
今年も頑張ろうね。

 

投稿: hitomi | 2007年1月 8日 (月) 03時56分

「ホワイトカラーエグゼンプション」は本当に私達、労働者側にとっては、
とてもひどいものです。

これに限らず、ここ最近の国の動きは本当に「ひどい」と感じることが多く、
日経新聞を愛読する友人でさえ、年末には、ワーキングプア(働くのに生活保護水準以下の賃金)問題を背に、生活保護費が高すぎるから、生活保護費をさげるべきだとの議論もされているという話題で、憤慨していました。

安心して働けない、安心の生活ができない。
こういった労働環境を押し付けながら、かたや少子化対策として、
またもや、児童手当のばらまき・・・・。
母子家庭には、母子加算手当ての廃止を決めたその手で、
こういったことをする国の施策の有り方には、心が震える思いです。

まず、国民には生活基盤を立て直させることを第1に考え、
国として、最低必要な生活基準とはどんなものかを
もっと、真剣に考えてもらいたい思いです。

少し話しが変わりますが、現在枚方で
「新子ども育成計画」の第2期検討が行なわれています。
私自信は、市民公募委員には落選しましたが、
その委員メンバーを見る限りはとても残念です。
委員メンバーで唯一子育て世代はPTA協議会委員のみで、
あとは全て、子育て中の本人ではなく、その関係者です。
子ども育成計画のひとつの位置づけとしては、
企業側の課題とされながらも、働き方への問題提起も
ありました。
確かに、幼稚・保育園の園長や、民生委員等も現在地域で
起きている現状を身近に感じているでしょうが、
私は、やっぱり、間接的でなく直接的に現在の労働者環境を
小さい子どもを抱えて受けている保護者らをこういった委員会に参加させて、
子ども育成計画事業を、枚方として、現社会状況からどういった事業が
必要なのかは、受けて本人らの視点で
議論させてあげてほしかったと思います。

どんどん、大人達の環境が格差を作っていくなかで、
子ども育成計画は「サービス」の提供ではなく
「事業」として「教育・福祉」で子育てを支えるものであってもらいたいです。

子育て世代の国民にとっては、最も、働く場の環境と子育て環境は密接に繋がっていることを知りながらも、目を手で多いその隙間からしか見ようとしない
国の有り方には、本当に怒りがこみ上げます。

投稿: はくの彼女 | 2007年1月 7日 (日) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/13348127

この記事へのトラックバック一覧です: 残業代ゼロ制度:

« お正月 | トップページ | 山田池公園の遊具 »