« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月 7日 (水)

いいかげん辞めれば!

 柳沢厚生労働大臣は、なんで自分がこれほど世間から非難されているのか絶対に理解をしていないと2度目の暴言を聞いて確信しました。

 女性を「産む機械」に例えるということは、人間を人間としてみていないということです。女性は社会を維持するための道具でも材料でもありません。

 どうしてこんな当たり前のことが理解できないのか。そんな神経だから平然と「残業代ゼロ制度」を打ち出すことができるのではないでしょうか。

 柳沢さんを辞めさせない阿倍内閣も同じ感覚なんでしょう。どこが「美しい国」なのか「恥ずかしい国」です。Cimg0530

 女性後援会の皆さんと厚生労働大臣の辞任を求めて宣伝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

大阪城ホール

 2月5日、大阪城ホールで日本共産党の演説会が開催され、志位委員長がお話をされました。(写真の緑色の服が私です。わかるかな?)

 会場では地方選挙をたたかう議員や、参議院選挙をたたかう宮本たけし前参議院議員・山下よしき元参議院議員の決意表明も行われました。

 地方議員は壇上で紹介をされたあと、演説会終了まで壇上に残って話を聞くことになっていて、委員長の話を身近で聞くことができました。

 戦前から戦争に反対をしてきた日本共産党の歴史がアジア各国の訪問の際にも、信頼と友好を築いていく力強い土台となっていることが紹介をされていました。

 今、阿倍内閣が平和憲法を変えようとしていることに、アジアの国々からも心配や不安の声があがっています。今国会には、改憲のための手続き法案が提出されます。

 今こそ、平和憲法を守り、日本とアジア、世界の平和に貢献できる日本をつくりたいとあらためて強く思いました。

0705

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

「気候の危機」

 世界一受けたい授業でアル・ゴア元アメリカ副大統領が「地球温暖化」について授業をされていました。
「不都合な真実」も見たいと思いながら、まだ見ることが出来ていなかったので興味深く拝見しました。

 ちょうど、国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の第一作業部会が2日、第四次報告を正式発表し、最悪の場合、今世紀末の平均気温が二十世紀末に比べて最大で六・四度、海面は最大五十九センチ上昇すると予測したとか。

 人類や地球に住む生物にとっては本当に危機的な事態になってきていると思います。ゴアさんは言葉も大事だとのべ「地球温暖化」ではなく「気候の危機」と私は呼ぶようにしていると述べられていたことに共感しました。

 確かにそうですね。もっと一人一人が、また社会が危機感を持った対応をすることが求められていると痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

危険箇所に信号を!

 2月1日、ひらかた警察に信号機の設置や改善について、市民アンケートで寄せられた声をまとめて提出しました。
 市民アンケートでは、津田東町から国道307号線に、枚方藤阪線から左折して進入する車両が多いため、信号を2回、3回と待たなければ出ることが出来ないとか、第2京阪に入るのに2つの信号の接続が悪いなど信号機の改善についても様々なご意見が寄せられました。現状を調査し回答をいただくことになりました。


Img__1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »