« 子どもの医療助成、就学前まで引き上げを求める決議が採択 | トップページ | 不思議な公職選挙法 »

2007年4月23日 (月)

引き続き頑張ります!

 みなさんのご支援で、3期目の当選を果たさせていただき引き続き市議会議員として働かせて頂くことになりました。福祉や公教育の充実を求めて頑張ります。
 また、いろいろとお気づきのことがありましたらご意見お寄せ下さい。今後ともよろしくお願い致します。
 Img_0637

|

« 子どもの医療助成、就学前まで引き上げを求める決議が採択 | トップページ | 不思議な公職選挙法 »

コメント

あき子さんの当選おめでとうございます!良かったですね。
枚方も6人全員当選ができ、本当に嬉しいです。大阪も全体として前進でき、参議院選挙での宮本たけしさんの再選に向け土台が築けたのではないかと思っています。
 選挙が終わってホッとするまもなく、生活相談や今後の活動に向けて慌ただしい日々が始まりました。
    障害者基本計画が策定されたり、教育のあり墾から提言が出されたり、さだ保育所の民営化方針が明らかになったり、全国学力テストが実施されたりと、私たちが選挙に没頭せざるを得ない状況のなかでも様々な動きが進んでいて気持ちが焦ります。

 5月の議会ではどこでも議会人事が決まるのではないでしょうか。当選して始めて感じたのは、議会人事の決定のわかりにくさです。山形ではどうなっているのか知りませんが、枚方では例えば議長の人事をめぐって議会で投票を行うことになっても、候補者が誰なのかもわからないまま投票が行われます。初めて当選した時から、非常にとまどい、また奇異に感じました。

 すごく不思議です。議長として「こんな議会運営を行っていきます」とそれぞれ立候補した人から話があって当然だとおもうのですが…。誰が立候補しているのかさえよくわからないまま、投票しなくてはいけません。議長職は非常に大事な仕事だと思います。それだけに、こんな決め方で良いのかと思います。

 枚方は議会改革ではそれなりに努力をしていると思いますが、不充分な点も残されています。改革を進め、積極的に議会情報を発信し、市民の声を反映し、市民とともに歩む、全国に誇れる議会にしていきたいと思います。


投稿: hitomi | 2007年4月25日 (水) 14時07分

3度目の当選、本当におめでとうございます。山形市でも、新人の佐藤あき子さん、3313票で9位で当選し、引き続き3人の議員団、それも議案提案権も確立することができました。今後とも、いろいろとアドバイスよろしくお願いします。

投稿: 横山賢二 | 2007年4月23日 (月) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/14818791

この記事へのトラックバック一覧です: 引き続き頑張ります!:

« 子どもの医療助成、就学前まで引き上げを求める決議が採択 | トップページ | 不思議な公職選挙法 »