« 出直し市長選挙9700万円也! | トップページ | また枚方か… »

2007年8月29日 (水)

出産応援金

 8月28日、9月議会を前に開かれた厚生委員協議会で、大阪府が少子化対策として、子育て世代の経済的負担感を和らげるために出産育児応援事業を創設し11月1日から市町村を窓口に実施をするとの報告がありました。

 この制度は、第3子以降の子どもを出産した場合に、一人当たり5万円の応援金を支給するものです。応援金は、13週以降の場合、死産・流産の際にも支給がされます。
 6ヶ月以内に申請をしなければならないため、市役所のお知らせが不充分で利用できなかったという事のないよう制度の周知を充分図るようにと求めました。

 ちなみに枚方市の全世帯数は16万5342世帯(2007年4月末)。うち、子どものいる世帯は4万1785世帯(25.27%)。子ども1人の世帯が1万7871世帯(10.81%)、子ども2人の世帯が1万8751世帯(11.34%)、子ども3人以上の世帯が5162世帯(3.12%)となっています。

 国立社会保障・人口問題研究所の05年の調査では理想の子どもの数は2.48人で現実は2.11人となっています。理想と現実にはギャップがありますね。

 出産には関連グッズの購入などお金が必要なので5万円の応援金はそれなりに嬉しいと思いますが、将来的にかかる教育費負担を思ってあきらめる人も多いのではないでしょうか。

 根本的には、高すぎる日本の高等教育費をどうにかしないといけないのではないでしょうか。特に大阪府は府立高校の授業料も全国一高いし、減免制度も改悪されて、4割の人が受けられなくなったし…。大阪府教育委員会は、エアコン代まで徴収して、滞納したら退学だって言ってましたものね。

 

 

|

« 出直し市長選挙9700万円也! | トップページ | また枚方か… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/16357904

この記事へのトラックバック一覧です: 出産応援金:

« 出直し市長選挙9700万円也! | トップページ | また枚方か… »