« 中司市長逮捕 | トップページ | 『日経パソコン』 e都市ランキング 2007で…枚方が第5位 »

2007年8月 7日 (火)

来年2月から プラスチック製容器包装の分別はじまる

 来年2月から、枚方市でもペットボトルやプラスチック製容器包装の全市分別収集事業が始まります。

 枚方、寝屋川、交野、四条畷の4市で共同して、集めてきた廃プラを圧縮梱包するために寝屋川市の打ち上げに4市リサイクル施設を建設中です。圧縮梱包した後に、リサイクル事業者に引き渡していくことになります。

 これまでのごみの収集に加えて週1回、廃プラのための収集車が回ってくることになります。合計9台の車で3年間分の予算が4億5059万円。今年の2月、3月分で2500万円。これに加えて、施設の運営経費も負担をすることとなります。

 当初は、年間約6億円の収集運搬費用(枚方市負担分)と施設の運営経費として約3億800万円がかかると概算されていました。ずいぶんコスト削減に努力していただいたわけですが、それでも枚方市としては年間約3億円ほどを負担し、この事業を実施していくわけです。

 地球温暖化防止、リサイクルはとても大事だと思います。しかし、なんだか腑に落ちないのです。

 我が家のごみを見てみると廃プラでかさ張っているのは発砲トレーとペットボトルです。発砲トレーもペットボトルも今はスーパーの店頭回収を利用しています。残りの容器包装類はごくわずか…。

 もちろん、店頭回収をやっているスーパーが近くにないお宅もたくさんあるでしょうが、しかし、せっかく税金をかけずに回収されているこれらのものも、週1回の収集が始まったら流れてしまうような気がします。

 それだけではありません…。

 圧縮梱包した後の廃プラスチック類のリサイクルは容器包装リサイクル協会にお願いするしくみとなっています。協会が入札を行い、リサイクルを任せる業者を選定します。
 現在、建設中の4市リサイクル施設の直近には、民間の廃プラスチック再生工場が建設されすでに稼動をしています。

 大阪府のエコエリア構想に基づき、目の前に4市のリサイクル施設が建設されることを承知のうえで設置をされています。ほんとうに目の間に再生工場があるのです。移送費はほとんどかかりません。ですから、協会が入札をしても、この事業者に委託をされる可能性は極めて高いのではないでしょうか。

 しかし、寝屋川ではこの民間工場が原因と思われる公害で周辺住民の皆さんが苦しめられているそうです。因果関係がはっきりしているのかはわかりませんが、こうした状況のもとで、ここに委託をしていいのでしょうか。

 環境のために行っている事業なのに、周辺の環境や住民の健康に被害を与えていいのでしょうか。

 納得しがたい思いでいっぱいです。

 

|

« 中司市長逮捕 | トップページ | 『日経パソコン』 e都市ランキング 2007で…枚方が第5位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/16039273

この記事へのトラックバック一覧です: 来年2月から プラスチック製容器包装の分別はじまる:

» トヨタ・プリウス [エコに関するブログ]
身近な所では、エコマークのついた商品や、 環境にやさしい生活をエコライフといったりしますね [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 08時59分

» 累進課税 [塚原 のブログ]
所得が多いほど税金がかかる累進課税制度は経済格差をなくすという目的があるのはわかるけど、下手をすると労働意欲の減退にもなりかねません [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 04時07分

« 中司市長逮捕 | トップページ | 『日経パソコン』 e都市ランキング 2007で…枚方が第5位 »