« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

さだ保育所の移転及び民営化方針スケジュール

枚方市役所のHPに、「さだ保育所民営化スケジュール」を25日付けで、宇山保育所民営化の総括が26日付けでアップされています。

 市議会厚生委員協議会には、

1.楽寿荘の土地問題と、
2.宇山保育民営化の総括 

が示されたものの、さだ保育所の民営化スケジュールについての報告ありませんでした。関係する課題にもかかわらず、わざと報告しなかったのかしらと思ってしまいます。

 宇山の総括は今後の民営化のために行ったそうですが、その「総括」を受けての方針変更の内容は一年間スケジュールがのびただけ。

 あらためて、何のための「総括」なんだだって思います。
 

 

 (以下、民営化方針です)

さだ保育所の移転及び民営化方針について

1 移転及び民営化にかかる方針

 少子化が進む中でも、保育・地域子育て支援のニーズは年々増加し、市民が求めるサービスも多様化しています。限られた財源の中でサービスを充実するには、サービス提供のあり方について検証・見直しを行っていく必要があります。
 
 さだ保育所については、大阪府から楽寿荘用地を取得し、同用地内に蹉保育所の運営を引き継ぐ社会福祉法人が保育所整備を行い、平成22年4月1日から当該法人による保育所運営を行うことにより民営化を行います。

 これにより節減した経費を財源として、待機児童を解消し、休日保育などの多様な市民ニーズに応えるとともに、地域子育て支援の充実を図っていきます。

2 移転及び民営化についての考え方


(1)保育所の移転について
 さだ保育所は、昭和44年に建設された、市内公立保育所で一番古い建物です。老朽化が進んでいることから保育にふさわしい環境ではないとして、平成4年3月に「蹉保育所の移転に関する請願」が市議会で採択されました。しかし、用地の問題などにより移転は実現しませんでした。

 一方、近隣の老人福祉センター楽寿荘については、存続を図るために、大阪府から敷地の取得を求められています。
 楽寿荘敷地内に老人福祉センターと併設して90人規模の保育所整備が可能なこと、他の 保育所との位置関係が適切であること、丘陵地ではありますが駅からの距離が近いこと、また楽寿荘は緑が多く静かで環境がよいことなどから、保育所の建て替え用地として適地であり、広大な敷地を有効活用し、移転・建替えすることとします。

(2)保育所の民営化について

 保育所の民営化については、学識経験者等の外部委員からなる『就学前児童対策検討委員協議会』から平成14年1月に報告を受け、その提言を尊重して検討を行い、平成20年4月までに3園の民営化を行う方針を打ち出しました。また、平成18年3月に策定した『構造改革アクションプラン』では、今後、「地域拠点となる保育所を残して民営化する」方向性を示しています。

 さだ保育所は建替えが必要であり、整備費用の面からも、公設より民営化する方が有利です。

(3)その他
蹉保育所の移転・民営化の推進に当たっては、現蹉保育所保護者の声を受け止め、説明責任を果たすとともに、子どもたちのことを第一に考えた対応を検討し、理解を求めながら進めます。

3 移転及び民営化の手法

(1)保育所用地の造成等
・楽寿荘敷地に保育所を整備するために必要な造成工事等は市又は市の負担で行う。

(2)運営条件
・保育所用地は無償で貸与する。
・保育所の建物は市が定める条件に従い、運営法人が整備する。

(3)運営法人について
・運営法人は、保育所運営実績のある社会福祉法人の中から公募する。
・運営法人の選考にあたっては、選考会議を設置して選考する。

4 民営化後の蹉保育所の運営内容
(1)現さだ保育所の保育水準を確保した保育所運営を行います。
(2)30人の定員増を行い、90人定員とします。
(3)0歳児保育を実施します。
(4) 楽寿荘利用者との交流を推進します。
(5) 休日保育など保護者の多様な就労形態への対応や地域子育て支援事業の実施について、地域のニーズを踏まえて検討します。

5 移転及び民営化を円滑に進めるための措置

(1)他の保育所への転所を希望する場合、転所しやすい仕組みをつくります。
(2)移管法人への引き継ぎについては、保護者と十分に話し合いを行い、子どもたちにとって一番良い方法を検討します。

6 保育・在宅子育て施策の拡充

 民営化により節減された経費については、保育・在宅子育て支援の充実に充てることとします。
・ 引き続き待機児童の解消を図る。
・ 夜間、休日等多様な保育ニーズへの対応を図る。
・ 老朽化した公私立保育所の施設整備を計画的に行う。
・ 在宅子育て支援の拠点となる地域子育て支援センターやつどいの広場などを増設する。
・ その他保育・子育て支援策を充実していく。

7 今後のスケジュール
20年6月 保育所運営法人公募  
20年8月 保育所運営法人決定
21年4月 保育所用地取得
22年8月 保育所整備工事着工
22年3月 保育所整備工事完了  
22年4月 保育所開設

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月26日 (火)

大阪府肝炎治療助成…暫定予算に盛り込む

 22日に、大阪府が「平成20年度からB型ウイルス性肝炎・C型ウイルス性肝炎治療を目的としたインターフェロン治療費の一部を助成し、府民患者の皆さんの早期治療の推進を図るため、平成20年度暫定予算案において予算措置することとした」と発表しました。

 申請の開始は4月1日からで保健所を通じて申請します。

◆ 対象医療

B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的として行うインターフェロン治療で、保険適用となっているもの

◆ 助成方法

申請患者に対し医療受給者証を交付し、患者が府内の医療機関に受給者証を提示することにより、保険診療の自己負担額を一部助成(対象医療機関は、追ってお知らせ予定)

◆ 助成内容

インターフェロン治療および当該治療に付随する検査料等
助成期間は、申請受理月初日から1年間
世帯の市町村民税(所得割)課税年額に応じて患者自己負担あり

◆ 自己負担限度額
[※2月19日時点での厚生労働省(案)]


収入に応じて自己負担額が変わります。

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000 円未満の場合 10,000 円

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000 円以上235,000 円未満の場合 30,000 円

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000 円以上の場合 50,000 円

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

また雪だ!

また雪だ!
先々週の日曜日に続き、雪景色です。

日曜日は、しんぶん「赤旗」の配達を担当しています。

とてもきれいですが、道路が凍結して怖い、寒い。

冬の海はどんなにか冷たい事でしょう。清徳丸の救援が一刻も早くされるようにと願います。

ところで、日本の漁業対策費(約101億)より、原油価格高騰対策として補正予算で組まれた自衛隊の燃料費(約124億)の方が多いのには驚きました。

地元漁協の皆さんが、漁を休んで捜索をされていましたが、捜索に必要な燃料費くらい緊急に措置すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

大阪府暫定予算でどうなるの…留守家庭児童会室にも影響?

 橋本知事が大阪府の予算を7月までの暫定予算としたことで、府下の自治体の予算編成にも大きな影響が出ています。

 昨日、3月議会に向けた議会運営委員会が開催されました。そのなかで、竹内市長は府から枚方市に入ってくるお金は約63億円で、うち7月分までの三分の一が確保されるとしても、残り40億円が歳入欠陥となり、大阪府が予算を計上しなかった場合には、歳入に穴があいてしまう。

 そんなことでは困るから、初めから予算を計上しないということも含めて方針を1週間以内に示したいと述べられました。

 例えば、H20年度予算(案)には、枚方小学校留守家庭児童会室の建設予算が組まれています。これは入室児童が増加し現在の児童会室では対応できないとのことで予定されているものです。

 大阪府を通じて、枚方市には、国と大阪府の分を合わせて833万円の補助金が入ってくる見込みで予算が組まれています。

 建設にあたっては、国が示す基準単価(1200万)の三分の一を国、府、市がそれぞれ負担するという補助があるからです。

 1200万円では留守家庭児童会は建たないため、残りは市単独の予算でまかないます。約3500万かかるとすると、約2700万は市の負担です。

 ところが、この補助金は大阪府が窓口となっているので、大阪府の説明では大阪府が予算をつけないと国の補助ももらえないのではないかということです。となると、833万円が入ってこずに、全額を枚方市が負担することになってしまいます。

 このため、枚方市は市単独でもやるのかやらないのか判断を迫られることになります。2月27日から3月議会がはじまり、ここで来年度の予算案が正式に提案されるのですから、見直しの作業も大変です。

 もちろん、無駄な事業もあるでしょうし、見直しも必要なものもあるでしょう。だからといって、本当に必要な予算があおりをくらうことにならないようにしなければ、市民生活にも大きな影響が出てしまいます。

 私も予算審議のための委員会のメンバー入る予定です、その他の予算も含めて慎重に審議したいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

市立宇山保育所民営化の総括…これが総括といえるのか!?

 18日、市議会厚生委員協議会が開催されました。20件の報告案件の一つに「市立宇山保育所民営化の総括について」があり、説明を聞きました。

 宇山保育所が民営化されたのは、H16年です。丸4年が過ぎて、ようやく出された総括。しかし、その中身はこれまでの経過報告とすでに報告がされてきた内容が羅列されているに過ぎない文書です。唯一目新しい内容があるとすれば、現在の宇山光の子保育園の第三者評価の結果です。

 しかし、これは宇山光の子が独自に実施をされているものであって、市の民営化の総括とは直接関係のない参考資料です。

 まとめとして書かれているのが、市の総括にあたるのかも知れません。

 まとめは

 「市立宇山保育所の民営化については、下記のとおり所期の目的を達成し成果をあげることができました。

(1)民営化によって年間約5400万円の経費削減(90人定員換算)を達成するとともに、その財源を①待機児解消、②一時保育事業の増設、③私立保育所に対する看護師配置補助の拡充など、保育施策や地域子育て支援の充実に活用しました。

(2)運営法人との引継ぎ会議(11回開催)や保育引継ぎ(合同保育:3ヶ月)、及び15項目の運営条件の遵守によって、必要な保育内容・水準を確保しました。

(3)保育内容や保護者満足については、平成16年度実施のアンケートや平成18年度実施の「保育サービス第三者評価」でも高い評価を受けました。

以上です。

はたして、これが総括なのでしょうか?

総括文書には、訴訟の報告もあります。原告の主な主張と、訴訟の経過、地裁判決の抜粋が紹介されています。

裁判に至ったことは、市と保護者との信頼関係が崩れたことを意味しており、行政としてこうした事態に至らせたことに対するまさに総括が必要です。

 同時に増築工事を行ったために、保護者は増築の説明会、民営化に関する説明会と度重なる説明会とそして保護者同士の会合など、どれほどの時間を民営化に費やし、心労を負わせてきたのか、そのことを市は振り返ってどう評価しているのか、いっさい書かれていません。

 なんで、今、こんな総括を出してきたのかと聞くと、今後の民営化に向けて、保育ビジョンの策定会議を立ち上げると説明しました。

 H21年度までに3箇所を民営化するとアクションプランには書かれています。反省もなく引き続き、民営化を進めようとする枚方市の姿勢に強い憤りを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

wii Fitでヨガ

 今日は息子の誕生日、ひさしぶりに一日中お休みです。
みんなで誕生ケーキをつくって、プレゼントと一緒に買ってきたWii Fitに挑戦。

あんなんで運動になるのって?半信半疑でしたが、なるなる!!良い運動になりました。

Img__3
Img__4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪府後期高齢者医療広域連合議会

 15日、大阪府後期高齢者医療広域連合議会が開催されました。
 今議会は、来年度の予算案の審議が主な内容です。11月の議会では保険料条例の修正案を北山議員(大阪市議)と一緒に提出をしましたが、この条例の修正案の中身で予算の修正を求める動議を提出しました。

 あわせて、運営協議会の設置条例も議員提出議案として提出しました。11月に運営協議会の設置を求める請願が採択されました。これをうけ広域連合も運営協議会(仮称:医療懇談会)の設置にむけて作業を始めましたが、公募委員の参加を求めない方向で検討をしていることがわかりました。請願者からは、あらためて公募委員をいれた運営協議会の早期設置を求める請願が提出されました。紹介議員を引き受けるとともに、公募委員を含めた運営協議会の設置条例を作成し提出したものです。

 公募委員の選出なんて当たり前と思っていたのに、請願も条例も否決されてしまいました。今議会で発言したのは、北山議員(予算質疑、予算組み替え動議の提案説明、条例の賛成討論)と、私(請願紹介趣旨説明、条例提案、予算質疑、予算討論、一般質問)だけ。

 特別会計だけでも6669億6050万8000円の審議です。枚方市の予算の6.5倍ほどの予算案です。たった2人の質疑、わずか2時間の議会でした。

 

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »