« また雪だ! | トップページ | さだ保育所の移転及び民営化方針スケジュール »

2008年2月26日 (火)

大阪府肝炎治療助成…暫定予算に盛り込む

 22日に、大阪府が「平成20年度からB型ウイルス性肝炎・C型ウイルス性肝炎治療を目的としたインターフェロン治療費の一部を助成し、府民患者の皆さんの早期治療の推進を図るため、平成20年度暫定予算案において予算措置することとした」と発表しました。

 申請の開始は4月1日からで保健所を通じて申請します。

◆ 対象医療

B型及びC型肝炎ウイルスの除去を目的として行うインターフェロン治療で、保険適用となっているもの

◆ 助成方法

申請患者に対し医療受給者証を交付し、患者が府内の医療機関に受給者証を提示することにより、保険診療の自己負担額を一部助成(対象医療機関は、追ってお知らせ予定)

◆ 助成内容

インターフェロン治療および当該治療に付随する検査料等
助成期間は、申請受理月初日から1年間
世帯の市町村民税(所得割)課税年額に応じて患者自己負担あり

◆ 自己負担限度額
[※2月19日時点での厚生労働省(案)]


収入に応じて自己負担額が変わります。

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000 円未満の場合 10,000 円

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が65,000 円以上235,000 円未満の場合 30,000 円

世帯の市町村民税(所得割)課税年額が235,000 円以上の場合 50,000 円

|

« また雪だ! | トップページ | さだ保育所の移転及び民営化方針スケジュール »

コメント

 ご紹介ありがとうございます。
 B・C型肝炎ウイルス検査も医療機関で無料で受けられる制度も始まっています。
  http://melit.jp/news/2008/01/22/post_45.html

投稿: sin | 2008年2月26日 (火) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/40274517

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府肝炎治療助成…暫定予算に盛り込む:

« また雪だ! | トップページ | さだ保育所の移転及び民営化方針スケジュール »