« 市立宇山保育所民営化の総括…これが総括といえるのか!? | トップページ | また雪だ! »

2008年2月21日 (木)

大阪府暫定予算でどうなるの…留守家庭児童会室にも影響?

 橋本知事が大阪府の予算を7月までの暫定予算としたことで、府下の自治体の予算編成にも大きな影響が出ています。

 昨日、3月議会に向けた議会運営委員会が開催されました。そのなかで、竹内市長は府から枚方市に入ってくるお金は約63億円で、うち7月分までの三分の一が確保されるとしても、残り40億円が歳入欠陥となり、大阪府が予算を計上しなかった場合には、歳入に穴があいてしまう。

 そんなことでは困るから、初めから予算を計上しないということも含めて方針を1週間以内に示したいと述べられました。

 例えば、H20年度予算(案)には、枚方小学校留守家庭児童会室の建設予算が組まれています。これは入室児童が増加し現在の児童会室では対応できないとのことで予定されているものです。

 大阪府を通じて、枚方市には、国と大阪府の分を合わせて833万円の補助金が入ってくる見込みで予算が組まれています。

 建設にあたっては、国が示す基準単価(1200万)の三分の一を国、府、市がそれぞれ負担するという補助があるからです。

 1200万円では留守家庭児童会は建たないため、残りは市単独の予算でまかないます。約3500万かかるとすると、約2700万は市の負担です。

 ところが、この補助金は大阪府が窓口となっているので、大阪府の説明では大阪府が予算をつけないと国の補助ももらえないのではないかということです。となると、833万円が入ってこずに、全額を枚方市が負担することになってしまいます。

 このため、枚方市は市単独でもやるのかやらないのか判断を迫られることになります。2月27日から3月議会がはじまり、ここで来年度の予算案が正式に提案されるのですから、見直しの作業も大変です。

 もちろん、無駄な事業もあるでしょうし、見直しも必要なものもあるでしょう。だからといって、本当に必要な予算があおりをくらうことにならないようにしなければ、市民生活にも大きな影響が出てしまいます。

 私も予算審議のための委員会のメンバー入る予定です、その他の予算も含めて慎重に審議したいと思います。

 

|

« 市立宇山保育所民営化の総括…これが総括といえるのか!? | トップページ | また雪だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/40208844

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府暫定予算でどうなるの…留守家庭児童会室にも影響?:

« 市立宇山保育所民営化の総括…これが総括といえるのか!? | トップページ | また雪だ! »