« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

後期高齢者医療制度がはじまった!

 後期高齢者医療制度が始まった。

 とは言っても、4月から年金天引きの始まる75歳以上の高齢者に保険料の決定通知が届くのは週末から週明けくらい。これからです。

 みなさん、ご自分の保険料がいったいいくらになるのか心配されているのではないでしょうか。しかし、決定通知が出されるのは、年金天引きされる(特別徴収)方です。

 例えば、妻には天引きするほどの年金がなかった場合は、普通徴収となり納付書で納めていただきますが、この方は7月から。保険料の決定通知は6月に届けられ、7月から3月まで9期にわけて支払うことになります。

 後期高齢者医療制度とこれまで加入されていた保険との大きな違いは、一人一人が保険料を納める制度となったことです。

 夫に通知が届き、妻は6月に通知が届くパターンの場合…。

 夫の保険料を見てこれだけで済むと思ったら大間違い!

 今までよりも安いと喜んでいたら、後で妻にきた決定通知を見て、「これもか~」とおどろかなあきません。

 少なくとも枚方では、これまで国保に加入をされていて夫婦そろって後期高齢者医療制度に移行された場合は、保険料は高くなります。(8800人)

 夫婦二人分合わせると、今まで以上に高い保険料にびっくりしなくちゃいけません。

 しかも、妻の収入がたとえなくても、保険料軽減の判定は世帯主の所得を合算するため、夫に判定基準を超える収入があると、均等割額がまるまるかかってくることになります。

 無年金、無収入の妻に、大阪では47415円の保険料を課すわけです。

 全然、納得がいかないけど、これは介護保険も同じしくみですよね。世帯が課税世帯だったら、いくら本人の所得が低くても基準額を支払わなければならない。

 枚方市の介護保険料の基準額は、4675円。後期高齢者医療制度の均等割を月額でみると3951円。合わせて8626円。

 来年は介護保険料の改定の年です。そしてその次の年には、後期高齢者医療制度保険料の改定です。

 ということは、毎年、毎年、支払額が増えていく…恐ろしい事態になるんじゃないでしょうか。

 高齢者いじめの制度といわれるけど「生まれたときから75歳の人はいない」と、宮本岳志さんが訴えてはりました。おっしゃるとおりです。

 私たちの世代が高齢者になる頃には、どんな状況になるやら…。私たちが子供の頃には老人の医療費は無料だったんですから。社会の経済発展は国民の幸福に貢献していないじゃないか!?

 年金の最低保障もされてないのに、取ることだけはしっかり仕事してからに!!本当に腹が立ちます。

(すっかり、ぼやきモードですね、すみません)

 制度はスタートをしたものの、今後待ち受ける2年後の保険料負担増や差別医療の具体化など、矛盾はどんどん広がるのではないでしょうか。

 制度の撤回を求めつつ、激痛を緩和する施策(減免制度の充実や保険料軽減策)を求めて行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

春のつどい

 今日は後援会の春のつどいに宮本岳志さんをお迎えし、お話をお聞きしました。

 非常に勉強になりました。こんな人をやっぱり国会に必ず送り出したいと決意新たに帰路につきました。途中、山田池の梅がきれいにさいているのを見かけました。Img_1374_copy Img_1351 Img_1358

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 3日 (月)

妊産婦健診

 2月27日の衆議院予算員会で笠井議員が、妊産婦健診の公費負担拡充を求める質問を行ってくれました。

 妊産婦健診の公費負担は、昨年1月に国が全国の自治体に「14回程度行われることが望ましい」「(財政的に困難な場合は?)5回程度実施が原則」との通知を出し、5回分は地方交付税措置をしたとしています。

 しかし、昨年8月の調査では全国平均で2・8回にとどまっているそうです。笠井議員は、国の地方交付税抑制路線のもと厳しい財政運営を求められていることを指摘し、財政的裏付けを行うよう求めました。

 厚生労働省は「再度調査を行い、5回はどこでも実施されるようにする。その後の施策についても検討したい。」と答えたそうです。

 枚方市では、今年度(H19年度)に、超音波検診と歯科検診が追加されました。これまで、前期、中期、後期の3回だったので、拡充はされていますが5回以下には違いありません。

 検診代って保険がきかないのが不思議なくらいです。確かに病気ではないけれども、母胎は妊娠により様々な変化が生じるし、赤ちゃんの成長も心配です。保険適用してくれれば良いのにとずっと思っていましたが、これだけ少子化が騒がれても、なかなか保険適用という訳にはいかないのでしょうかね。

 もちろん、しっかり公費負担でみてくれれば、それにこしたことはないんですが、交付税措置というのでは確かな保障にはないりません。ちゃんと、それに見合うだけの国の支援をしっかり強めていただきたいと思います。

 枚方市でも早く最低5回をクリアできるように頑張りたい。とは言うものの、大阪府の動きはどうなることやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »