« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月26日 (金)

留守家庭児童会 来年4月からようやく7時まで開室

 朝夕は少し涼しくなってきましたね。

 ログインするのにアカウントとやらを思い出せず、すっかりごぶさたしてしまい申し訳ありません。

 さて29日には9月議会も最終日を迎えます。

 この日は、留守家庭児童会室の開室時間を来年4月から午後7時(現行6時)まで延長し、延長保育料として月額1000円を別途徴収するための条例改正案の採決が行われます。

 すでに改正案は文教常任委員会に付託し審議が終了しています。委員会では、延長保育料を徴収せずに、そのまま時間延長できるよう修正提案しましたが日本共産党の野口議員、西村議員のみの賛成で否決され、原案のまま可決されました。

 したがって本会議には原案のみ採決されることになります。

 今や中3になったお姉ちゃんが保育所にいた頃(かれこれ10年前です)に、保育所の先輩から「1年生になって保育所と違って学童は6時までやから大変や」と聞かされ、「大変!!」っと思いました。

 とにかく、発言の機会がある度に、議会でとりあげてきました。子ども達を巻き込む事件も多発するなか、中司前市長が検討を約束し、H20年度には実施をするとマニフェストにかかげ4選を果たしました。

 これで少なくとも留守家庭児童会の時間延長は20年度には実施されると、この点では喜んでいた矢先、談合事件で前市長が辞職し、結局、1年遅れ提案がされたものです。

 中司マニフェストを受け継ぎ、施策の着実な実施で40万市民の信頼回復をはかるとして誕生した竹内市長でしたが、期日を示したマニフェストを約束通り実施することには、あまり関心がない?ように感じられます。

 保育料の額の設定や、来年度からの実施となる点など納得がいかない点も多々ありますが、全体的に高い保育料(月9200円)の引き下げと土曜開室、学年延長を引き続き求めていくこととして、賛成する予定です。

 問題点等については、討論にまとめて指摘をする予定ですが、ずっと保護者から要望を受けていた問題でありながら、保護者に説明もしないまま議会に提案してきたことは大きな問題だと思います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »