« 後期高齢者医療制度…枚方市が簡易申告未提出者にご案内 | トップページ | 桜島とグラッパ »

2008年11月 2日 (日)

世話のかかるキャンドル

Img_2077  今日は娘と学校見学に出かけ、ついでに立ち寄ったお店でフレグランスキャンドルを見つけて購入しました。

 ロマンティックに炎をと香りを楽しもうと思ったのに、キャンドルの芯が溶けた蝋につかって消えてしまいます。

 ガラスのグラスの中に蝋がつまっているタイプのものですが、箱を開けてみると蝋が平らではなくはじめっから斜めにかたむいてもいました。

 なんとか普通の状態にしようと苦戦していたら、息子がやってきて、溶けた蝋が流れ込めるようにと蝋に縦穴をつくってくれました。

 溶けた蝋は穴に順調に流れ込み、溶けた蝋を通して発する光はサナギが光っているかのようだと、楽しんでいたのも束の間、みるみる間に穴はうまり、自らの溶けた蝋に溺れた芯の先の炎はあっけなく消えてしまいました。

 夫が新たな芯を作成しつけたしてくれましたが、1本目はまたも溺れ、2本目もほどなくすると溺れ、ロマンティックな炎を楽しむはずが、夏休みの工作状態に…。

 結局、修復は出来ませんでした。すすの出ないタイプだと聞いて喜んで買ってみたんですが、フレグランスキャンドルってこんなんですか?shock

 

|

« 後期高齢者医療制度…枚方市が簡易申告未提出者にご案内 | トップページ | 桜島とグラッパ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/42989781

この記事へのトラックバック一覧です: 世話のかかるキャンドル:

« 後期高齢者医療制度…枚方市が簡易申告未提出者にご案内 | トップページ | 桜島とグラッパ »