« 春のつどい | トップページ | 今日の感動!!ホウレンソウ »

2009年2月14日 (土)

エリック・クラプトンと自治体病院

 金曜日、大阪城公園のホールにエリック・クラプトンのコンサートに行ってきました。

「一緒に行く予定だった友達が仕事で行けなくなったから、かわりにいかへんか」と兄貴から誘われ、お誘いの電話を横で聞いてた母も「行きたい!!」と言うので、行ってみることにしました。

行きたいって言うものの、会場に着いたら何やこの音楽は!頭が痛いわ!とか、言い出すんじゃないかと気がかりで、「ばあちゃん、エレキギターとか弾く人みたいやで、ほんまに行くん?」と、心配しながら参加しましたが、母は初めから最後まで立ちっぱなしで、誰よりもノリノリで楽しんでましたhappy01

もちろん私も大満足sign03

コンサートには様々な世代の方が参加されており、曲が始まると「うおっ」とか「うわっ」とか「お~っ」とか言う声が聞こえてきます。

さぞかしみなさんに親しまれている名曲なんでしょうが、私はエリック・クラプトンという名前は聞いたことはあるものの、どのようなお方なのか、どんな曲を演奏される方なのか、さっぱりわからないまんま参加してしまったので、一緒に感慨深げなどよめきの声をあげることができなかったのが残念でした…。

 
 昨日は姫路に行ってきました。自治体問題研究所主催の自治体政策セミナーに参加するためです。コンサートの余韻か、7時11分の電車に乗らなければならないのにもかかわらず、6時半ごろに目覚めてしまい大慌て…。

 在来線で2時間。明石の海岸線も新快速の車窓から眺めることができ、プチ旅行気分。

 私は、「自治体病院、地域医療と医療制度構造改革ー今後のあり方をさぐる」という専科に参加させていただきました。

 講義そのものも興味深い内容でしたが、「医療崩壊」と言われる現状や地域医療を守る取り組みも各地から報告され、大変勉強になりました。

 突然の病院廃止問題にゆれる大阪・松原の議員さんも参加し、現状を報告してくれました。

 枚方市民病院も堅調な経営状態にあると言われているものの、医師・看護師不足の悩みは同じ。

 個々の経営努力だけで解決できる問題ではありませんし、どこかの病院だけが勝組となって医療スタッフの確保がはかれれば良いというものでもありません。

 地域全体の、国全体の医療が確保されなければ国民の命と安全は守れません。

 講師の先生が「医療とは安全保障だ」と述べられていましたが同感です。国が真っ先に取り組むべきことではないでしょうか。

 医療をめぐる現状の厳しさを正確に情報発信し、医療費削減ありきの医療政策の見直しを求める声をうんと広げることの大事さを強く感じました。

 セミナーでは、私も新市民病院の建設計画に関する質問をさせていただきました。セミナー終了後も、講師の先生はじめ、たくさんの方からアドバイスや情報をいただきました。ありがとうございました。

 厳しい医療情勢と想像を絶する経済不況の到来のなかで示された180億円の建設事業計画です。

 月曜日には建設常任委員会、火曜日には厚生常任委員会の協議会が開催され事業計画(案)の内容が説明されますが、協議会で報告を受けるということにとどまらず、議会が主体的に計画をチェックするための期間や場が必要ではないかと感じました。

 

 

 

|

« 春のつどい | トップページ | 今日の感動!!ホウレンソウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/44065542

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・クラプトンと自治体病院:

» レミオロメン コンサート チケット [レミオロメン コンサート チケット]
そういった意味では、チケット予約の難易度の高いアーティストの一人としてレミオロメンのコンサート もその一角といえると思います。大抵の場合チケット代理店 [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 06時16分

» 『嶋重ともうみ』から『生野ともうみ』へ変更 [生野ともうみ☆たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!]
 なぜか半年経ったらハンドルネームを変えたくなる私です(^-^;)。  今までの [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 13時34分

« 春のつどい | トップページ | 今日の感動!!ホウレンソウ »