« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月 6日 (火)

「がん患者、お金との闘い」札幌テレビ放送取材班…読みました

 以前、このブログにお金を気にして治療をあきらめたがん患者さんの話を書きました。

  なんとか出来ないものなのか気になっていたときに、「がん患者、お金との闘い」(岩波書店)を書評で知りました。

 働き盛りの世代が癌にかかったとき…。思いもよらない高額の医療費に苦しめられる状況が綿密な取材により書かれています。取材に応じた皆さんの記録には命が刻まれています。

 多くの方が同じように病気だけでなく、経済的な問題でも苦しめられ、命を削る思いで、国に経済的支援を訴えておられます。

 二人に一人が癌になる日本。私のまわりでも多くの方が癌を患っておられます。これまでに、たくさんの大事な人たちが癌で亡くなっていきました。決して他人ごとではありません。

 この国の医療制度はどうあるべきなのか、また国の制度が整うまでの間に自治体で出来る支援は何か、本当に考えさせられる一冊です。

 癌でも状態によっては障害年金の受給対象になる事など、私も知りませんでしたが、社会保険事務所の担当者ですら知らない方もいるとのことです。こうした事も含めてもっともっと知らせていけたらと思います。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

桜満開…「いのちの山河」

 今日は山田池公園へ愛犬クロ君と一緒に行ってきましたhappy01

 年金者組合の東分会の皆さんが山田池公園でお花見をされていて、「あれ~っ!?。もう生まれたかと思ってた…」、「なんで~」と大騒ぎでした。Img_0377

 お昼からは、交野のゆうゆうセンターで行われていた「いのちの山河」の上映会に。

 日本で初めて65歳以上の高齢者の医療費無料化を実施した沢内村の物語です。

 冬は雪に閉ざされ、村に医師がいないために医療にもかかれず、赤ちゃんが次々と亡くなり、お年寄りは病気や生活苦から自殺をしていく…。

 とにかく貧乏な村で、財政力もありません。村長さんを中心に「対話と行脚」で村人たちと話し合い、知恵と力を出し合って困難を解決していきます。

 乳児健診を充実し、乳児の死亡をゼロにする取り組み。窓口負担5割の時代に老人医療を無料にする取り組みは、国保法に反すると県庁や厚生省からストップがかかるなか、憲法に書かれていると頑張る村長。(カッコいい!!)

  初めは、もっと説教くさい映画なんじゃないかと思っていましたが(失礼happy02)、涙がボロボロでる感動作。

 実話だけにすごい!!地方自治とは何か、考えさせられるとても良い映画でした。

 枚方では、これから上映会があります。ぜひぜひ、多くの人に見ていただきたいです。

 帰りは交野桜を眺めながら第2京阪の側道を使って帰ってきました。

Img_0383

 枚方津田線との合流部もそうですが、交野側も測道と一般道との合流地点は、気をつけないと事故を起こしそうです。

 交通量も見ながら対策をしていくとのことですが、事故がないように願います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

ギリギリセーフ…帝王切開直前で逆子ちゃんが治りました!

 なんと入院中に逆子ちゃんが治りました。

 ようやく覚悟を決めて、ようやく赤ちゃんに会えると気持ちを切り替えていただけに、拍子抜け…。

 やれやれです。

 今の位置をキープしながら陣痛を迎えられるように頑張りますhappy01 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »