« 国民健康保険…府下統一保険料に!! | トップページ | 100歳を超えたおじいちゃん、おばあちゃん…みんなで祝おう! »

2010年8月 2日 (月)

高陵幼稚園や藤阪小学校留守家庭児童会を視察してきました

 先週は待機児解消のためにと禁野保育園の分園を設置予定の高陵幼稚園を、今日は藤阪小学校で実施されている5・6年生の障害を持つ子ども達の留守家庭児童会事業(夏季休業期間のみの学年拡大)を視察してきました。

 高陵幼稚園には保育所の待機児童を解消するために1歳児と2歳児で計20名定員の分園を設置する予定で、現在は引き続き保護者との話し合いが続けられています。

 高陵幼稚園は2クラス運営ができる定員ですが、今は1クラス運営になっており保育園の分園が設置できる余裕があるとのこと。確かに園庭なども広い幼稚園でした。

 保護者の合意がとれれば実施すれば良いじゃないかと思われるかもしれませんが、やはり根本的に納得できない点があります。

 ひとつは、公立幼稚園を今後どうしていこうと考えているのか。

 これまで議会でも「待機児解消のために幼稚園を利用すれば良いじゃないか」と言った論調の意見が出されていました。

 幼稚園は私立では3年保育が当たり前なのに、公立は未だに2年保育のまま。預かり保育もなし。保育ニーズが高まっているというだけでなく、幼稚園を希望する保護者のニーズに応えられていないのではないでしょうか。

 わざとニーズに応えず、兵糧攻めのように定員割れを引き起こし、廃園もしくは「幼保園」への改変を求める声の高まりを待っているようにも感じます。

 もう一つは、待機時解消について。

 ここで一生懸命20名の定員増を行おうとしていますが、どう考えても間尺に合わないのです。

 帰りに、すでに廃園された明倫幼稚園に寄ってきました。きちんと手を入れれば保育園として活用することも可能です。

 本気で待機児解消を考えているなら分園でなく保育園をつくるべきではないでしょうか。

 実際、保育所民営化を先送りし保育園を建設し民間に委託をしていくなどの対応を実施している自治体もあります。

 4月当初の待機だけでなく年度途中の待機も含めた抜本的な解消策、計画を持つべきです。そうでなければ、これから仕事をしたい人や、鬱で育児が出来ないお母さんなど現在の点数制ではなかなか入所が困難な人達のニーズにも応えられないのですから。
sad

 

 

 

 
 

|

« 国民健康保険…府下統一保険料に!! | トップページ | 100歳を超えたおじいちゃん、おばあちゃん…みんなで祝おう! »

子育て支援」カテゴリの記事

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141391/49041975

この記事へのトラックバック一覧です: 高陵幼稚園や藤阪小学校留守家庭児童会を視察してきました:

« 国民健康保険…府下統一保険料に!! | トップページ | 100歳を超えたおじいちゃん、おばあちゃん…みんなで祝おう! »