« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

障害のある5・6年生の留守家庭児童会への受入れについて他…

 29日(月)、文教委員協議会が開催されました。

 協議案件は、学校安全監視業務の変更について、枚方市留守家庭児童会における障害のある第5第6学年の児童の受け入れについて、枚方市立伊加賀スポーツセンターの運営について。

 学校安全監視業務の変更は、大阪府が学校安全のための交付金を今年度限りで廃止するため、従来通りの警備体制の継続が困難となったために、午後の監視時間を短縮するもの。

 枚方では、午前は地域のボランティアさんに有償でご協力いただき、午後はシルバー人材センターに委託をして4時間の監視をしていただいていましたが、これを2時間にします。

 それでも、従来よりも800万円、市の予算を増額しなければなりません。(従来通り実施をしようと思えば2400万円の負担増となります。)

 本当は安全監視なんていらない社会でなくてはならないのですが、まだまだ物騒な事件が起きていますから、監視体制の継続は必要だと思います。

 校門だけ監視すれば大丈夫と言うものでもないと思います。教室と職員室をつなぐ通信設備など最低限必要と求めています。

 障害を持つ5年生、6年生の留守家庭児童会室の受入れは、試行事業の結果から校区の学校では難しいとして、拠点方式で市内4か所で実施します。

 4か所の予定は、牧野小学校、伊加賀小学校、枚二小学校と、東部地域は検討中。各室5名が上限定員。対象は、障害者手帳や療育手帳の保持者のみ。利用料金は現行の児童会室と同額。

 民間に委託して実施し、体制は責任者1名と、指導員は1対1対応するとのこと。委託事業者の選考は指定管理等と同様の選考委員会を設けて実施するとのことでした。

 拠点方式のため委託事業者が児童の在籍する学校には迎えに来て、各拠点まで公共交通または送迎車両を利用して通います。 

 指導体制は1対1なので、お迎えも可能ではないかと問いました。しかし、通常の留守家庭児童会もお迎えは保護者にまかせているからダメだとのお話しでした。

 さらに三季休業中は、お迎えも保護者が実施することになり、これについては介助助成制度の利用を可能にするとのこと。

 また委託であるので、事前の職員研修、問題が生じた際の責任は枚方市が負うとのことでした。

 2年間の試行事業をどう検証したのか報告書を要求しました。

 12月7日に議案として提案されるので、しっかり審議したいと思います。

2010

 昼からは、市長に来年度の予算要望を提出しました。

 

| | コメント (1)

2010年11月27日 (土)

市民病院のTQM活動発表大会に行ってきました

 Photo今日は市民病院のTQM活動発表大会に行ってきました。

 今年で6回目となるこの発表は、市民病院で働く皆さんがグループで業務改善の提案をされるもの。

「大事故!第2京阪で20名以上の負傷者!どう対応する?手術室!!!〜集団災害時、緊急手術になった被災者への対応を明確にする〜」とのテーマが気になって、参加したいと思っていたのですが、

 朝から赤ちゃんを連れて病院へ。アレルギー検査のために採血。小さな手からの採血は大変で、大泣き!!。そんなこんなで出発が遅れ、到着した時には、聞きたいテーマは終わっていました。(残念)

 せっかくなので、他の発表を拝見しました。
 発表順位7番の「3食たべて笑顔になろう〜畑山さんとコラボして患者さまに安全な食事接種を提供しよう〜」(グループ:何か食べ隊)からの参加。

 8番「WHY?WHY?WHY?〜面会患者をスムーズに患者様の元へお連れします〜」と、最後の発表、9番「緊急指令!コードブルー!コードブルー! ベッド下でコードがちぎれそう至急救助願います。〜コード下すっきり、患者さんの安全は足元から守ります〜」を拝見。

 内容は真剣なものですが、おもしろいネーミング。

 7番の何か食べ隊は、嚥下障害や誤嚥のリスクのある患者さんが、うまく3食の食事が出来るようになるため、言語療法士の畑山先生に任せっきりでなく、看護師も食事にかかわろうとのテーマ設定。

 ちょうど、父が「最近、食事がうまく飲み込めない」とか言い出していたので、興味深く聞きました。

 8番、9番は、老朽化した市民病院ならではのテーマ。入院患者さんの病棟がわかりにくいため、病棟の看護師さんが迷って来られた面会者への案内に時間を費やし、業務の中断からミスにも繋がりかねない事態を招くとのこと…。

 新しい病院では有り得ない苦労を職員の皆さんがされている事を実感。そのなかで、一生懸命に頑張っていただいている事に感謝です。

 新病院の建設に向けて準備がすすんでいますが、市民の命と安全の砦としての役割がしっかり果たせる病院となるよう願います。

Photo_2

| | コメント (1)

2010年11月24日 (水)

北河内夜間救急センターの利用状況

 11月1日から診療が始まった北河内夜間救急センターの利用状況について、16日に報告を受けました。
 
 1日から15日までの利用状況は…計 404名。

 守口市 10名、枚方市 238名、寝屋川市 85名、大東市 6名、門真市 20名、
四条畷市 15名、交野市 20名、他 10名、計 404名。

 うち後送は17名。市民病院 13名、関西医大枚方病院 1名、厚生年金病院 3名。

 とのことでした。

 枚方市民が多いのは当然ですが、大東や四条畷、守口からも来られています。今までより遠くなってしまった方は大変だったと思います。

 ただ、寝屋川市に設置されていた時よりも改善された点としては、後送病院との連携がしっかり位置づけられている点だそうです。

 これまでなら、より高度の医療が必要と診断された場合でも、自分で病院を探して対応しなければならなかったそうですが、新しい北河内救急センターでは、後送病院にとセンターがつないで対応をするとのこと。

 市民病院の場合は、北河内救急センターの入っている保健センターの出入り口から、すぐに市民病院の入口に入れるように出入り口が設けられ、担当の方が引き継ぎに来てくれるそうです。

 今のところスムーズに対応が出来ていると報告を受けて安心致しました。お気づきの点がありましたらご意見をお聞かせ下さい。

 我が家のBabyも発熱、鼻水、湿疹と、このところ病院のお世話にばかりなっていますが、今のところ夜間の急病はなく無事に過ごせています。いざという時、医療にかかれる体制が整っているということは何より安心です。

 医師の絶対数が不足するなかで、頑張っていただいている先生方には本当に感謝致します。医療にかける予算は縮減ではなく、しっかり確保していかなくてはとつくづく感じます。
 Photo_2

| | コメント (3)

2010年11月23日 (火)

街かどデイハウス秋まつり

 今日は、街かどデイハウスの秋まつりに行ってきました。

 街かどデイハウスは、高齢者のみなさんが地域で生き生きと過ごせる場です。市内には現在8か所あり、それぞれが多彩な取り組みを行っておられます。

 会場のラポール大研修室には、それぞれの作品や活動の様子が展示されてあり、楽しく過ごされている様子が目に浮かびました。

 デイハウス連絡会の会長さんより冒頭のあいさつで、大阪府の補助金が2年前に半減され、来年度は交付金化されることで減額されはしないのかと心配をしていること、市長にお願いをしていることなど話しておられました。

 豊かな活動がすすめられるように私たちも応援したいと思います。

Photo

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

障害を持つ子ども達の学童保育(留守家庭児童会)

 12月議会を前に各委員協議会の案件について資料が届き始めました。

 私の所属する文教常任委員会の案件は3つ。1つは学校の安全監視体制の変更。大阪府からの予算削減に対応して、人的配置の時間を短縮する案が提案されます。2つめは、障害を持つ5・6年生の留守家庭児童会への受入拡大について。3つめは、元枚方西高校跡地に設置する伊加賀スポーツセンターについて。

 安全監視員の時間短縮も心配ですが、障害を持つ5・6年生の受入拡大は、ようやく通年での実施に踏み切るということで歓迎すべきですが、市内4ヶ所の拠点方式で実施し、対象は障害者手帳の保持を条件としていることなど素直に喜べない点もあります。

 29日に開かれる文教委員協議会で詳しく聞いていきたいと思います。
 

 今日は豊中市の学童保育での障害を持つ子どもたちの受入について視察をしてきました。豊中ではすでに5・6年生までの受入を実施を各学校の学童保育で実施されていたからです。

 豊中では「放課後こどもクラブ」という名称で、市長部局のこども未来部子育て支援課が担当されていました。子育て支援課の放課後こどもクラブ係には、市役所の職員として臨床心理士さんと保育士さんがおられ運営支援にあたられています。
 指導員さんも枚方と違って全て有資格者なのですが、臨床心理士さん(大阪府の地域福祉子育て交付金を活用して今年度からこどもクラブ専属の臨床心理士1名を雇用)が子ども達と実際にかかわるなかで、それぞれの子ども達に合ったケアの方法などを現場の指導員さんにアドバイスし、これにより指導の向上、スキルアップを目指しているとの事でした。
 保育士さんは、各クラブの年間指導計画などの企画支援を行っています。

 また、医療的ケアが必要な子どもさんには看護師資格を持った指導員さんがケアを行っています。現在、6名の医療的ケアが必要な子どもさんが「放課後こどもクラブ」に通っているそうです。

 支援学級・支援学校に在籍する児童の受入実施要領があり、施設・設備面については、「児童の状況により施設の改善をする」とし、段差やトイレの改修についての記載と共に、児童の状況により、多人数の中での生活が困難な場合で1クラブ室のみのクラブについては、機関長(校長先生)に利用できる部屋の借用を依頼する事も明記されていました。
 
 また、支援学校に在籍する児童についてはバス停までの送迎ができる人員を配置することになっています。
 さらに、学校教育との連携を図るために、クラブに指導助言機関として機関長(校長)及び主事(教職員)を置かれています。
 
 私たちが訪ねた小学校のこどもクラブには重度の障害がある子どもさんのためにカーテンレールで仕切れるベッドが置かれていました。
Photo_2

 子ども達はみんな元気で、ドッジボール大会に向けて練習に励んでいましたhappy01

 思ったより到着が早かったので、豊中の共産党議員さんとミニ懇談。枚方市の学童保育の保育料の高さにビックリされていました。保育料も引き下げたいですが、豊中市さんのお話をうかがって、枚方市の児童会をもっともっと充実させたいと強く感じました。
 お忙しいなか対応して下さった豊中市の担当者さん、ありがとうございました。勉強になりました。

 

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

離乳食再開

 下痢やら、お熱やらで中断していた離乳食。

本人は食べたい気持ちがいっぱい。そろそろ様子を見ながらゆっくり再開することに。

お姉ちゃんに野菜スープを食べさせてもらって嬉しそうです。

 今日は検尿の提出日。オムツの赤ちゃんが検尿?これは大変!

 紙おむつにラップをひいて、脱脂綿をあてて(なかったのでガーゼをあてて)絞るのです。難しい…。

 収穫できた貴重な検尿を持って保育園へ。

 到着すると、現行保育制度の解体を許さず公的保育の拡充を求める東京集会に保育園で集めた署名を持って参加された先生からの報告が連絡ボードに書かれていました。

 「子ども・子育て新システム」にストップをかける署名が100万を超えて全国から集められているそうです。

 待機児解消の切り札であるかのようにマスコミは宣伝してますが、保育料は?保育時間は?かえって入所の手続きに苦労するのでは?などなど、心配だらけ。

 もちろん保育の規制緩和で子ども達の環境が悪化するのは大反対です。

 11月の枚方市の待機児は313人。昨年の同時期には226人だったので、ますます厳しい状況です。

 公的保育の拡充で保育ニーズにしっかり応えることを求める世論と運動が広がるように頑張らねば。

Photo_4


| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

朝な夕な飯食ふごとに忘れじな恵まぬ民に恵まるる身は

土曜日は枚方でマルシェが開催され、日曜日は保育園で食育まつりがありました。

赤ちゃんと一緒に行こうと思っていましたが残念ながら断念。

でも、おとなしくしていたおかげで、すっかり元気になってきました。

Photoご心配をおかけしました。

日曜日、自然農法で農業を営んでおられる方のお宅に訪問させていただきました。

自称「平成の角さん」は、83歳。戦争で多くの仲間を失ったことなどを話してくださいました。

こうして直接、戦争の経験を聞くことができるのは貴重なことだと思います。

角さんより、水戸にいたころに学んだことだがと、

「朝な夕な飯食ふごとに忘れじな恵まぬ民に恵まるる身は 」との言葉を教えていただきました。

歌の意味は、「朝夕の食事の度に決して忘れまい、こちらからはなにも恵みを与えてやれない農民に、逆にこのように尊い食糧の施しを受ける身として心から感謝している」

水戸の殿様の言葉でしょうか。この意味をしっかりと受け止めて政治をしてほしいとのことでした。

| | コメント (1)

2010年11月13日 (土)

初めてのお熱

 11月9日、10日と文教常任委員会の先進都市研修で東京都の江戸川区と千代田区を訪問しました。

 

Photo 赤ちゃんを置いての一泊。「こんな時に限って、熱を出したりするのよね~」なんて言いながら出かけましたが、案の定、帰りの新幹線のなかで「発熱」のお知らせが…。

 夫がお迎えに行ってくれました。こんな時、保育園と職場が近いのは助かります。

 お熱は38度、次の日の朝は下がったものの、昼からまた上がり始め、夜には39度を超えて、息もつらそう。

 3日目の朝は熱が下がったものの、いつもの元気がない…。病児保育にお願いをしようと電話をするも空きがなく、保育所にお願いをし、早めにお迎えにいくことに。

 一日、熱は出なかったけど、やっぱり元気がない。保育園でもグズグズで大好きな担任の先生におんぶしてもらい、ようやく落ち着いていたようです。(ありがとうございます)

 おうちに帰ってからは、不機嫌そうに新聞を読んだり?してましたが、ミルクの飲みが悪く、いつもなら8時にはストンと寝るのに、

Img_1740_3_2 

 珍しく泣きだし、抱っこしても泣きやまず、どこか痛いのかなとハラハラ…。結局、泣きながら力尽きて寝ちゃいました。

 どこがしんどい、気持ち悪いと言えないだけに、可愛そう。

 早く元気になってね。

 

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

後援会のみなさんとバスツアー

 11月7日、枚方後援会のみなさんで淡路島に行ってきました。花さじきでミニ決起集会。

Photo

 バスツアーには赤ちゃんも一緒に参加。大丈夫かなと心配しましたがご機嫌で一日過ごすことができましたhappy01

 西村議員、伊藤議員とバトンタッチする候補者も発表され、いよいよ「いっせい地方選挙」って感じになってきました。

 伊藤議員とバトンタッチする堤(つつみ)さんは、明るく、サバサバした男前のお姉さん新日本の会枚方支部の支部長として、女性の願い実現にと奮闘されてきました。

 西村議員とバトンタッチする松岡さんは、待望の後輩。私より1つ年下です。といっても、これまで宇山民営化裁判を闘ったり、市民オンブズの活動や中小企業で組合活動をしてきただけあり、芯の強いとてもしっかりした女性です。

 つつみ幸子さんと、松岡ちひろさんの2人が加われば、新鮮な力でよりパワフルな議員団な活動ができると思います。

こうご期待。私も頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2010年11月 3日 (水)

?才のお誕生日

Bd
今日は私の誕生日!!

大きい娘がシフォンケーキを焼いて、お友達と一緒にデコレーションしてくれましたhappy01

これがまた絶品のおいしさ。どんどん腕をあげてきました。heart04

小さい方の娘は、少しズリバイできるようになり、回転の技と合わせて、色々なところに行けるようになってきたのが楽しいのか、気がつくと移動しています。

橋下知事が「子どものころからギャンブルを」などと、とんでもない事を言う一方で、様々な特区を全国の知事といっせいに申請しようとしているとか。

大阪府の申請の内容は、保育の規制緩和!!

保育所の居室面積と保育士の配置基準の緩和を求めていくようです。

日本の保育の最低基準は世界各国と比べて低いと言われ、引き上げこそが必要なのにどういう感覚なのでしょうか…。

預けられればいいのではありません。安心して預けられてこそ、心おきなく働けるのです。

| | コメント (1)

2010年11月 2日 (火)

枚方新校早期の建設を…交野支援学校四条畷校を見学してきました

 

Photo

遅ればせながらの報告ですが、10月19日に交野支援学校四条畷校を見学してきました。
 これまで枚方市議会でも寝屋川支援学校(養護学校)の過密化問題を繰り返し指摘し、過密過大の解消のためにも、そして40万都市枚方には支援学校が必要と求めてきました。

 長年にわたる運動がようやく実り大阪府も建設に向けて動き出したものの、平成27年度開校予定と5年後の見込み。

 このため暫定措置として今年は交野支援学校の分校のような形で四条畷校が廃校となった高校を活用して設置されています。

 3月末まで高校として使われていただけあって、広く、のびのびしていますが、4月の開校に向けて安全面など先生方が突貫工事で様々な配慮をほどこして利用をされていました。

 窓から落ちないように全開しないようビス止めをしたり、教室の入口のわずかな段差にもつまづきを防止するために段差解消の措置が施されていました。

 肢体不自由ではなく知的障害の子ども達なのに何故?と考えた私はやはり素人。校長先生が「前を向いたら前だけ見て、そういう安全配慮が出来ないんですよ」と教えて下さいました。

 また、言葉に出して表すことの出来ない気持ちを発散することも大事なことで、あちこち壊れることもやむをえないのだと…。

 普通なら抑制をしようとしてしまいそうですが、気持ちをしっかり出させてあげて受け止める対応が出来るなんて凄い事だと感心しました。

 旧学生食堂がランチルームとして活用されており、吐き出しのガラス扉から明るい陽射しが注いでいました。でも、夏は暑そう。四条畷の子ども達が食べるのと同じ給食が運ばれてきており、この日はおいしそうなクリームシチューとパンとミックスフルーツ。(おいしそうでしたが、枚方の給食と比べると一品少ないような気が…。四条畷のみなさん、失礼なことを言ってスミマセン。)

 食堂の横の旧武道館には、食事を終えた子ども達が集まり思いっきり体を動かしたり、隅っこでくつろいだりしています。集団が苦手な子どもさんが別室で静かに食事をしている風景も…。

 さすが元高校、教室も体育館も運動場も何もかも広いです。教室のなかには、子ども達が落ち着ける空間づくりが工夫されており、教室毎に色々なものが置いてありました。ドラム、ソファー、トランポリンなどなど…。

 枚方校ができれば閉鎖の予定とのことですが、枚方校の整備規模は小中高で300名(小70名、中80名、高150名)、たまがわタイプ(高等支援学校)100名を最大に想定しているとのこと。

 これまで府教委は適正規模は150名から200名としてきたので、整備規模は大きいように感じますが、それでも開校時には枚方在住の子ども達だけでいっぱいとなり、枚方の子どもさんも全員の受入が難しい状況になるかもしれないと心配をされています。

 府教委が示している将来推計でも児童・生徒が急増した場合、平成25年度で994人、平成30年度には1200人。仮に900人としても四条畷校を閉じてしまうと、枚方・寝屋川・守口の3校で900人を配分することになるそうで、これでは過密過大の状況は解決されません。

 とにかく枚方校の早期建設と、四条畷校を継続して安心して使える状態にすることが必要だと思います。

 教室の入口に掲示されている子ども達の名前の中に、保育園で一緒だったお友達の名前がありました。入園当時はお友達とかかわることができず困り顔でしたが、お友達とふれあう中で笑顔をたくさん見せてくれるようになったMちゃん。

 安心できる環境、信頼できる先生、そして大切な仲間に囲まれて、みんなが豊に成長できるようにがんばらなくっちゃね。

 

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »