« 朝な夕な飯食ふごとに忘れじな恵まぬ民に恵まるる身は | トップページ | 障害を持つ子ども達の学童保育(留守家庭児童会) »

2010年11月16日 (火)

離乳食再開

 下痢やら、お熱やらで中断していた離乳食。

本人は食べたい気持ちがいっぱい。そろそろ様子を見ながらゆっくり再開することに。

お姉ちゃんに野菜スープを食べさせてもらって嬉しそうです。

 今日は検尿の提出日。オムツの赤ちゃんが検尿?これは大変!

 紙おむつにラップをひいて、脱脂綿をあてて(なかったのでガーゼをあてて)絞るのです。難しい…。

 収穫できた貴重な検尿を持って保育園へ。

 到着すると、現行保育制度の解体を許さず公的保育の拡充を求める東京集会に保育園で集めた署名を持って参加された先生からの報告が連絡ボードに書かれていました。

 「子ども・子育て新システム」にストップをかける署名が100万を超えて全国から集められているそうです。

 待機児解消の切り札であるかのようにマスコミは宣伝してますが、保育料は?保育時間は?かえって入所の手続きに苦労するのでは?などなど、心配だらけ。

 もちろん保育の規制緩和で子ども達の環境が悪化するのは大反対です。

 11月の枚方市の待機児は313人。昨年の同時期には226人だったので、ますます厳しい状況です。

 公的保育の拡充で保育ニーズにしっかり応えることを求める世論と運動が広がるように頑張らねば。

Photo_4


|

« 朝な夕な飯食ふごとに忘れじな恵まぬ民に恵まるる身は | トップページ | 障害を持つ子ども達の学童保育(留守家庭児童会) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝な夕な飯食ふごとに忘れじな恵まぬ民に恵まるる身は | トップページ | 障害を持つ子ども達の学童保育(留守家庭児童会) »