« 楽しい保育園…先輩?になりました | トップページ | ?才のお誕生日 »

2010年11月 2日 (火)

枚方新校早期の建設を…交野支援学校四条畷校を見学してきました

 

Photo

遅ればせながらの報告ですが、10月19日に交野支援学校四条畷校を見学してきました。
 これまで枚方市議会でも寝屋川支援学校(養護学校)の過密化問題を繰り返し指摘し、過密過大の解消のためにも、そして40万都市枚方には支援学校が必要と求めてきました。

 長年にわたる運動がようやく実り大阪府も建設に向けて動き出したものの、平成27年度開校予定と5年後の見込み。

 このため暫定措置として今年は交野支援学校の分校のような形で四条畷校が廃校となった高校を活用して設置されています。

 3月末まで高校として使われていただけあって、広く、のびのびしていますが、4月の開校に向けて安全面など先生方が突貫工事で様々な配慮をほどこして利用をされていました。

 窓から落ちないように全開しないようビス止めをしたり、教室の入口のわずかな段差にもつまづきを防止するために段差解消の措置が施されていました。

 肢体不自由ではなく知的障害の子ども達なのに何故?と考えた私はやはり素人。校長先生が「前を向いたら前だけ見て、そういう安全配慮が出来ないんですよ」と教えて下さいました。

 また、言葉に出して表すことの出来ない気持ちを発散することも大事なことで、あちこち壊れることもやむをえないのだと…。

 普通なら抑制をしようとしてしまいそうですが、気持ちをしっかり出させてあげて受け止める対応が出来るなんて凄い事だと感心しました。

 旧学生食堂がランチルームとして活用されており、吐き出しのガラス扉から明るい陽射しが注いでいました。でも、夏は暑そう。四条畷の子ども達が食べるのと同じ給食が運ばれてきており、この日はおいしそうなクリームシチューとパンとミックスフルーツ。(おいしそうでしたが、枚方の給食と比べると一品少ないような気が…。四条畷のみなさん、失礼なことを言ってスミマセン。)

 食堂の横の旧武道館には、食事を終えた子ども達が集まり思いっきり体を動かしたり、隅っこでくつろいだりしています。集団が苦手な子どもさんが別室で静かに食事をしている風景も…。

 さすが元高校、教室も体育館も運動場も何もかも広いです。教室のなかには、子ども達が落ち着ける空間づくりが工夫されており、教室毎に色々なものが置いてありました。ドラム、ソファー、トランポリンなどなど…。

 枚方校ができれば閉鎖の予定とのことですが、枚方校の整備規模は小中高で300名(小70名、中80名、高150名)、たまがわタイプ(高等支援学校)100名を最大に想定しているとのこと。

 これまで府教委は適正規模は150名から200名としてきたので、整備規模は大きいように感じますが、それでも開校時には枚方在住の子ども達だけでいっぱいとなり、枚方の子どもさんも全員の受入が難しい状況になるかもしれないと心配をされています。

 府教委が示している将来推計でも児童・生徒が急増した場合、平成25年度で994人、平成30年度には1200人。仮に900人としても四条畷校を閉じてしまうと、枚方・寝屋川・守口の3校で900人を配分することになるそうで、これでは過密過大の状況は解決されません。

 とにかく枚方校の早期建設と、四条畷校を継続して安心して使える状態にすることが必要だと思います。

 教室の入口に掲示されている子ども達の名前の中に、保育園で一緒だったお友達の名前がありました。入園当時はお友達とかかわることができず困り顔でしたが、お友達とふれあう中で笑顔をたくさん見せてくれるようになったMちゃん。

 安心できる環境、信頼できる先生、そして大切な仲間に囲まれて、みんなが豊に成長できるようにがんばらなくっちゃね。

 

|

« 楽しい保育園…先輩?になりました | トップページ | ?才のお誕生日 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しい保育園…先輩?になりました | トップページ | ?才のお誕生日 »