« 北河内夜間救急センターの利用状況 | トップページ | 障害のある5・6年生の留守家庭児童会への受入れについて他… »

2010年11月27日 (土)

市民病院のTQM活動発表大会に行ってきました

 Photo今日は市民病院のTQM活動発表大会に行ってきました。

 今年で6回目となるこの発表は、市民病院で働く皆さんがグループで業務改善の提案をされるもの。

「大事故!第2京阪で20名以上の負傷者!どう対応する?手術室!!!〜集団災害時、緊急手術になった被災者への対応を明確にする〜」とのテーマが気になって、参加したいと思っていたのですが、

 朝から赤ちゃんを連れて病院へ。アレルギー検査のために採血。小さな手からの採血は大変で、大泣き!!。そんなこんなで出発が遅れ、到着した時には、聞きたいテーマは終わっていました。(残念)

 せっかくなので、他の発表を拝見しました。
 発表順位7番の「3食たべて笑顔になろう〜畑山さんとコラボして患者さまに安全な食事接種を提供しよう〜」(グループ:何か食べ隊)からの参加。

 8番「WHY?WHY?WHY?〜面会患者をスムーズに患者様の元へお連れします〜」と、最後の発表、9番「緊急指令!コードブルー!コードブルー! ベッド下でコードがちぎれそう至急救助願います。〜コード下すっきり、患者さんの安全は足元から守ります〜」を拝見。

 内容は真剣なものですが、おもしろいネーミング。

 7番の何か食べ隊は、嚥下障害や誤嚥のリスクのある患者さんが、うまく3食の食事が出来るようになるため、言語療法士の畑山先生に任せっきりでなく、看護師も食事にかかわろうとのテーマ設定。

 ちょうど、父が「最近、食事がうまく飲み込めない」とか言い出していたので、興味深く聞きました。

 8番、9番は、老朽化した市民病院ならではのテーマ。入院患者さんの病棟がわかりにくいため、病棟の看護師さんが迷って来られた面会者への案内に時間を費やし、業務の中断からミスにも繋がりかねない事態を招くとのこと…。

 新しい病院では有り得ない苦労を職員の皆さんがされている事を実感。そのなかで、一生懸命に頑張っていただいている事に感謝です。

 新病院の建設に向けて準備がすすんでいますが、市民の命と安全の砦としての役割がしっかり果たせる病院となるよう願います。

Photo_2

|

« 北河内夜間救急センターの利用状況 | トップページ | 障害のある5・6年生の留守家庭児童会への受入れについて他… »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

自分でミルクを飲んでるの?自立心が旺盛だこと~たくましい。
うちの次女ももうすぐ26歳。2歳児のママです。小さい子は本当に可愛いのよね~。
孫が通う保育所(北牧野)、保育室はすし詰めです。何か事故があっても詳しいことはわからないのではないかな~と心配です。ああいう状態では、みているようでもみていないのではないかしら?

投稿: ゆりこ | 2010年12月 5日 (日) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北河内夜間救急センターの利用状況 | トップページ | 障害のある5・6年生の留守家庭児童会への受入れについて他… »