« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

あけましておめでとうございます

Img_0001

ようやく掃除に着手したものの、読み切れていない資料を発見しては手が止まり大掃除までには至らないまま新年を迎えることに。

お正月さんをお迎えするのに万全ではありませんが、気がつけば12時を回り新年です。

8か月を迎えた娘は、つかまり立ちが出来るようになりました。髪も少し濃くなって、下の歯に続き上の歯も生えてきました。

子どもたちの生きる世の中が、平和で暮らしやすい世になるように…。今年もしっかり頑張ります。

| | コメント (1)

2010年12月11日 (土)

小児肺炎球菌、ヒブワクチン、子宮頸ガンワクチンが無料接種に

 国の補正予算の成立を受けて、12月議会に追加の補正予算が提出されます。

 その予算により、枚方市では小児肺炎球菌、ヒブワクチン、子宮頸ガンワクチンが無料接種になります。

 事業費は2億26411万円。負担は接種費用の90%を国2分の1、市が2分の1で負担し、残り10%分を市が負担します。

 残り10%を市が負担というところがポイント。ここを自己負担でなく無料にすることで接種率があがれば良いなと思います。

 小児肺炎球菌、ヒブワクチンは、1月から公費助成を開始する予定だったので、1月から無料接種に。子宮頸ガンワクチン(対象は中学1年生から高校1年生まで)は2月から。

 先進国のなかで、細菌性髄膜炎で子ども達の命が奪われ続けている国は日本しかなく、重症の後遺症が残るケースも…。

 それがワクチンで防げるのです。

 ただの風邪なのか、髄膜炎につながるようなウイルス感染なのかを見極めることは難しく、「細菌性髄膜炎から子どもを守る会」で、髄膜炎にかかったお子さんをお持ちのご家族にアンケートを実施させていただいたところ、髄膜炎で亡くなったお子さんは熱が出た翌日に集中していたそうです。

 心配ですよね。でも、この2つのワクチンで細菌性髄膜炎の8割を抑えることができるのです。

 ウイルス感染は1月まで待ってくれるとは限らないので早めに行うべきとわかっていても、高いから躊躇してしまいますが、1月から3500円の助成を実施する予定が無料になったんだから、可能な人は頑張って早めに接種した方が良いですよね。

 だいたいヒブが7000円で肺炎球菌が9000円から9500円ってところでしょうか。保育園に入園する子どもさんは0歳児からの接種をすすめられますが、3回接種なので接種に行くのも一苦労ですが、同時接種も可能です。

 うちの子はヒブが入荷待ちだったので、肺炎球菌と三種混合を先行し、インフルエンザをしたところ。やはり、主治医の先生からは「早めにね」と言われておりますので、体調を見て年内に予約します!!

 

 

| | コメント (1)

2010年12月10日 (金)

中学校給食の早期実現を求める請願…継続審査に

 今日は、文教常任委員会が開催され「中学校給食の早期実現を求める請願」の審査が行われました。

 中学校給食は全国では8割の自治体が実施しているのに、枚方では実施できていません。

 教育委員会は平成20年3月に実施された大阪府の調査への回答で
「40年代から人口が急増し、多くの学校建設に取り組み小学校給食の充実を優先した。昭和63年に「中学校に学校給食の早期実現を求める請願」が提出され、文教常任委員会で1年6ヵ月にわたり検討され、平成2年3月8日不採択となった。中学校給食を実施するとなれば多額の経費を要するため、現在は学校の耐震化や老朽化対策を優先して実施している。上記の理由により、中学校給食は実施していない。」と答えています。

 多額の経費がかかるため、議会のGOサインが出なかったわけです。

 ですから、コストを抑える工夫がもっと出来ないのかということ、そのためにも様々な実施手法をもっと検討してみるべきということ、費用対効果でいえば雇用の創出や市内経済への波及効果、もちろん子どもたちの豊な成長を支える点など非常に大きな効果があるのではないかなどの観点で質疑を致しました。

 調べてみて驚いたことは、国の補助金は必要コストの20分の1程度しか出ないこと。これは少なすぎます。他の自治体でも老朽施設の改修に取り組まれる時期ではないでしょうか。国の支援を強めてほしいものです。

 打合会で慎重に審議をしようとの意見が出され、継続審査となりました。

 

 

 

| | コメント (0)

2010年12月 7日 (火)

12月議会初日…中学校給食の実現を求める請願

 今日から12月議会が始まりました。

 ブログにも書きましたが、枚方市では留守家庭児童会(学童保育)に4年生まで入れますが、障害のある5年生、6年生について学年延長を行う条例改正が提案されました。

 ただし対象は身体、知的、療育の手帳を交付された児童のみ。でも、手帳の交付がされない、できない子どももいます。なので、修正案を提出しました。

 文言を加えるだけの修正ですが、事務局の皆さんにお手伝いいただき、バタバタと作業し、ようやく提案。残念ながら否決となり、やむなく原案に賛成しました。

 それから、国保の引き下げを求める請願の紹介議員として趣旨説明。めずらしく、3本の請願が提出されました。全国議長会の調査では、だいたい議会に請願は年に5〜6本でてるようですが、枚方市議会は今年度はこれが初めて…。

 私の所属する文教常任委員会には、中学校給食の実現を求める請願が付託されました。正直、ビックリ!!でも、嬉しい請願です。

 請願審査の資料請求や質問準備もしなくてはいけませんが、明日は一般質問の通告期限。

 今期、最後の一般質問。あれもこれも言いたいことはあるけれど何に絞ろうか思案中です。

 そうそう、嬉しいニュースが健康部より入りました。ヒブワクチンが1月から無料接種となるそうです。

 これは良かった!!

 

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »