« あけましておめでとうございます | トップページ | 「うんちカード」の普及…胆道閉鎖症の早期発見のために »

2011年1月 4日 (火)

無事に家族のもとに帰れたかな…

 夕方、会合に参加するため田宮付近を車で走っていると、道端に座り込んでいるお爺ちゃんを3人の高校生が取り囲んでいる様子が目に入りました。

 気になって車をユータンさせて声をかけてみると、道路と歩道の段差でお爺ちゃんが躓いてこけ、高校生たちが心配して声をかけているところでした。

 話を聞くと、九州から子どものもとへ来たものの地理が不案内で、子どもさん宅へ送ってあげようにも住所がわからないらしい…。

 頬からは血が流れ、足も悪く立ち上がれそうにもないので救急車を呼ぶことにしようかとお爺ちゃんに話しかけていると、次々と通る人たちや、駐車場に車を止めていた人が「どうしたのか」と声をかけてくれ、救急車や警察に連絡したり、毛布をかけてくれたりしてくれました。

 私も通りかかりの一人だけど、みんなが心配して足を止め手伝ってくれたことがありがたく、あたたかい気持ちになりました。

 無事に家族と連絡がとれていると良いのですが…。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 「うんちカード」の普及…胆道閉鎖症の早期発見のために »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます | トップページ | 「うんちカード」の普及…胆道閉鎖症の早期発見のために »