« だから、待機児が増えたんじゃないの!? | トップページ | 震災募金に取り組みました »

2011年3月10日 (木)

中学校給食の質問が次々と…

 新年度予算に対する総括質疑が今日で終了。いっせい地方選挙の行われる年は、市長も改選となるため、新年度の予算は「骨格予算」として組まれる。

 「骨格予算」とは、新規事業などを極力抑えたもので、このため市議会は通常開催する予算委員会を開かず、各会派の総括予算質疑のみで審議を行う。

 議会運営委員会で通常通りの取り扱いで良いかと聞かれたので、「結構です」と答えたが、実際に配られた予算書を見て、しまったと思った。

 過去10年で最大規模の予算となっていたからだ。子どもの手当(20億円)の増額分など大規模な国の事業分が含まれているとはいえ、本格予算と言っていい予算案で中身をふくめ十分審議すべきものだった。

 1時間の質問時間では足りないと議会運営委員会で主張したが却下され、案の定、私たちの会派の質問時間は足りなかった。

 20億円も子ども手当が増額される一方で、保育所には入所できない子どもが2月1日現在で400名も待機し、療育施設まで待機状態が広がっている。

 療育施設に通う前の子どもたちが通う、保健センターの「親子教室」までいっぱいになり、十分なケアができないなど大変な状態になっていることを質疑で取り上げる予定だったが、時間切れとなり十分質疑を尽くせなかったた。学童保育の問題もだ。本当に残念!!

 子どもの成長や安全を守れない枚方市の現状は放置できない。

 新人も含めて6人全員当選し、引き続き、しっかり課題を追求したい。

 中学校給食の問題は、もう委員会は開かれないにしても建前上は「委員会で継続審査」となっているにも関わらず、公明党、民主党、自民党、みんなの党とも取り上げた。

 民主党の野村議員をのぞき、推進方向での質問だった。委員会審議の時よりも積極姿勢に感じた。だったら、採択しても良かったんじゃないのって思うぐらいだ!!

 文教委員会の中学校給食の請願審査の際に、「現在、大阪府下で新たに中学校給食の実施方針を示した自治体が実施をすると大阪府下の実施率はどうなるのか」と問うた。これらの自治体が実施すれば6割近い実施率となるとのことだった。

 枚方市の実質公債費比率は1%、全国平均は11.1%で危険とされる数値は25%ですから、市の財政状況は極めて安定している。

 大阪府が施設整備費の2分の1の支援を打ち出すなかで、共同調理場の建設においてもこうした支援が得られるならば、枚方市で出来ないはずがない。

 年間の運営費は、小学校給食費12億円の約半分6億が必要となると考えられている。

 新清掃工場と4市リサイクル施設が稼働すれば、年間どれだけのランニングコストが必要となるのかと、計画時から何度も質問してきたが、明確な答えはないまま計画は推進され両施設は稼働した。

 結局、中学校給食費と変わらない程度、ランニングコストが膨らんだはずだ。必要と判断した事はするのだ。(私は4市施設の稼働には反対でしたが…)
 全国の自治体の財政状況は、枚方市よりずっと厳しい。それでも、中学校給食は8割の学校で実施されている。財政が厳しくとも、学校給食法に基づき、やらなきゃならんと取り組まれているのだろう。

 請願審査のなかでは、初めて教育委員会でも中学校給食について議論をすると教育長が答えた。

 請願は審議未了廃案となるが、絶対無理とされてきた議論がようやく動き始めた。大きな変化だ!!

 8月の市長選挙が大きなカギとなる。中学校給食の実施に消極姿勢の竹内市長に対し、対立候補達がどうでるか。これはおもしろい選挙となりそうだ。

 まず、市議選を乗り越えよう!!

 

 
 

 

|

« だから、待機児が増えたんじゃないの!? | トップページ | 震災募金に取り組みました »

子育て支援」カテゴリの記事

市政・議会」カテゴリの記事

市長への要望」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

子どもが保健センターの親子教室に通っていました。
今、子どもの発達に不安を抱く保護者はたくさんいます。
でも教室に通った後、すぎの木園に通いたくても待機がいっぱい。
保育所も待機がいっぱい。
では幼稚園で保育所のような、きめ細やかなフォローをしてくれるのかというと
発達障害について詳しい先生がまだ少ない。

枚方には松心園がありますが、こちらも新規療育受け入れをやめてしまいました。
委託事業のSTEPがありますが、こうして外部に任せてしまう現状に
市民として、発達に不安をもつ子どもの母として
不安や憤りを感じます。

子どもの福祉を声高におっしゃってる議員候補者さんはたくさんおられますが
支援教育について書かれていたのは広瀬さんだけでした。
どうか枚方市の、親子教室・すぎの木園・保育所の現状を知ってください。

発達に心配がある子が虐待されるケースもあるんです。
児童虐待防止と言いながら、その現状を知らない議員さんが多すぎます。
保育所待機児童解消と同じくらい
療育機関待機児童解消は大切です。

以前に比べて、発達に不安をもつ子は増えています。
このままでは枚方の療育・保育はパンクします。
その子たちを切り捨てないで下さい。

中学給食導入もぜひお願いします。

投稿: 2児ママ | 2011年4月22日 (金) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« だから、待機児が増えたんじゃないの!? | トップページ | 震災募金に取り組みました »