« 震災支援と災害対策の強化を求め市長に要望 | トップページ | 24時間安心ネットの見直し…広報ひらかたより »

2011年3月28日 (月)

人口呼吸器を利用されている方への自家発電機補助廃止…後日談

 大阪府が実施をしている人口呼吸器を利用されている方への自家発電機補助が本年3月末で打ち切りとなると書きましたが、その後の話を紹介します。

 申し込みの締め切り前に、大阪府の保健所より、市の窓口に利用の相談があったそうです。(大阪府の補助事業ですが、受付窓口は枚方市のため)

 ところが、枚方市は制度の周知もせず、予算も計上していなかったので、「公平性の観点」から受け付けはできないと断ったのです。

 これまで利用可能な方も利用していないからというのが、市の言う「公平性」なようです。

 明らかに行政のミスなのに、「公平性の観点」を持ち出すとはどうかしてる!!

 対応した石村議員が私の目の前で烈火のごとく怒っていましたが、私も同感。

 震災支援と災害対策の強化を求める要望書にも書き込み、市長に事の顛末と補助の必要性を話したところ、さすがに市長も驚き、市として対応しなあかんとの認識を示しておられましたが…。

 府が継続しないのであれば、市は独自でも事業を立ち上げなければなりませんが、それにしてもその間に、自家発電機が必要な状態が生じたら、まさに命にかかわる問題です。

 その責任を自覚し、速やかに対応すべきです。

|

« 震災支援と災害対策の強化を求め市長に要望 | トップページ | 24時間安心ネットの見直し…広報ひらかたより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災支援と災害対策の強化を求め市長に要望 | トップページ | 24時間安心ネットの見直し…広報ひらかたより »