« 四谷光子さん | トップページ | 市民会館大ホールの天井が心配 »

2011年6月10日 (金)

枚方市が中学校給食の実施の検討に着手!

 昨日は、6月議会に向けて各派代表者会議と議会運営委員会が開催されました。

 中学校給食の検討に着手

 市長が冒頭のあいさつで、市民から強い要望が寄せられている中学校給食について、大阪府の補助案が示された事を受け検討を行うと述べました。

 ようやく重い腰があがりました!!どういった形ですすめていくのかが、今後の焦点ですね。安心で美味しい、中学生の皆さんに喜んでもらえる給食をめざして頑張りましょう。

 議会改革の特別委員会設置へ

 また、議長からは各会派から議会改革に関する要望が寄せられており、調査特別委員会を設置していきたい旨の提案が行われました。

 日本共産党議員団からは、議会改革だけでなく、「中核市」、「防災対策」についても特別委員会の設置を行ってはどうかとの意見を述べました。

 とりあえず議会改革からという事になり、6月議会に議案の提出が行われる予定です。

 市民に開かれた議会をつくるために頑張りたいと思います。

 議会はもっとこうあるべきという市民の皆さんからの意見も反映しながらの議論が出来ればと思います。

 一般質問の一人当たり持ち時間を30分に

 また、民主クラブより「一般質問は全議員が行うことを基本に、一人当たりの持ち時間を30分とする試行を行いましょう」との提案があった件について、議論がされました。

 今回の議会運営委員会から、無会派の議員さんもオブザーバー参加し、意見を述べられました。

 会派所属の議員は、お互いに時間を譲り合う事も可能ですが、会派に所属していないとそういう事も出来ないので、一般質問の時間が正味30分となってしまいます。

 答弁も含めてなので、30分では充分な質疑が出来ないとの事で、それぞれ反対の意見を出されました。

 日本共産党議員団としては、30分はやはり短い、答弁の時間を含まず質問時間で考えるべき、基本的には全議員の質疑は従来から保障されて来ており、実質これを行えるようにしようという事には異論がない、審議日程を含めて議論をと求めました。


 結局、他の会派がすべて合意されて6月議会から試行することとなりました。

 試行の結果を踏まえて今後の議論をするのであれば、審議日程を含めた見直しが検討できる時期にしてほしいと要望しました。

 という事で、日本共産党議員団も6月議会は3人全員が一般質問を行うことにしました。つつみ議員は初めての一般質問となるため質問時間を調整しながら行う予定です。

 

 

|

« 四谷光子さん | トップページ | 市民会館大ホールの天井が心配 »

子育て支援」カテゴリの記事

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四谷光子さん | トップページ | 市民会館大ホールの天井が心配 »