« 保育事故なぜ多発…公的責任なくせば何がおきても自己責任か | トップページ | 市長選挙終了 »

2011年8月20日 (土)

訴えられているのは枚方市ですよ!!

 今日、「躍進ひらかたNEWS Vol11」を読みました。

 竹内市長を支援する会のニュースです。気になったのは、「枚方談合事件とは」との記事。

 ここには

「市民の市政に対する厳しい目が注がれる中、就任後ただちに信頼回復に向けた取組みに着手し、市政始まって以来と言われた混乱を鎮め、正常な市政運営を取り戻しました。

 しかしながら、現在も談合の関係者に損害賠償を求める3件の住民訴訟が継続しており、上告中の前市長の刑事裁判や住民訴訟において結果が確定すれば今後の市政運営に多大な影響を与えることが予測されます」と書かれてあります。

 関係者に対し訴訟をしているように読み取れますが、違います。

 住民が訴えているのは、市民の損害を関係者に賠償請求しようとしない枚方市であり、竹内市長です。
 
 就任後、竹内市長がまずおこなったことは、談合調査のために設置された外部有識者の委員会の役割をかえ、市の調査を取りやめたことでした。

 前市長は公判のなかで、従来から市の公共事業に介入していた対立市議以外の市議も談合にかかわっていたと思っていたとの重要な証言をしています。

 確かに、調査を続ければ「市政が混乱する」事態になったかもしれません。

 それでも膿みを出し切るのがトップリーダーの努めであったと思います。

 暑い夏の選挙。スカッと爽やかな市政をつくりたいですね。

 

 

 

 

 

|

« 保育事故なぜ多発…公的責任なくせば何がおきても自己責任か | トップページ | 市長選挙終了 »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

追伸

若い女性がじーっと公営掲示板を一人で見ていました。

みわさんのぽすたーを見る時間が一番長かった。

投稿: あるでばらん | 2011年8月24日 (水) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 保育事故なぜ多発…公的責任なくせば何がおきても自己責任か | トップページ | 市長選挙終了 »