« これ素敵…「ぬいぐるみの図書館お泊り会」 | トップページ | 決算委員会B日程(建設、厚生分野)で石村議員が質疑 »

2011年11月 1日 (火)

やった~!胆道閉鎖症の早期発見のため母子手帳に「うんちカード」掲載へ

 以前に、このブログでも紹介しましたが、厚生労働省が胆道閉鎖症の赤ちゃんを早期発見するため「うんちカード」を閉じこんだ母子手帳を発行する方針をまとめたようです。

 関係者のみなさんや患者家族の皆さんの働きかけのおかげです。この病気で苦しむ子どもが生じないようにとの思いをしっかり受け止めて自治体も対応しなかればなりません。

 枚方市でも早期に新たな様式の母子手帳を発行し、すでに取得されている方については別カード方式でもお渡しできるように要望していきます。

以下、共同通信より

白っぽいうんちを手掛かりに胆道閉鎖症の赤ちゃんを早期発見するため、厚生労働省の検討会は31日、妊婦が自治体から受け取る母子手帳(母子健康手帳)などに赤ちゃんの便の色を載せる方針をまとめた。

 厚労省によると、白っぽい色から濃い茶色までの7色を示し、実物と比べてもらう。色の見本は母子手帳本体にとじ込むか、特別なカードを作って手帳と一緒に使えるようにする。新しい様式の手帳は来年4月以降に発行される見通し。

 胆道閉鎖症は、肝臓で作られた胆汁の通り道の胆管が詰まって流れなくなる病気。赤ちゃんの1万人に1人がかかり、早めの手術が必要になる。

2011/10/31 20:12   【共同通信】

|

« これ素敵…「ぬいぐるみの図書館お泊り会」 | トップページ | 決算委員会B日程(建設、厚生分野)で石村議員が質疑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これ素敵…「ぬいぐるみの図書館お泊り会」 | トップページ | 決算委員会B日程(建設、厚生分野)で石村議員が質疑 »