« 汚染がれきの受入指針示される | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2011年12月30日 (金)

12月議会の一般質問(動画)です!!

 12月議会の一般質問の動画がyoutubeにアップされています。
質問項目は以下の内容。枚方市議会では質問と答弁が文章でやりとりされています。
そのため正確な内容ではありますが、つまらなくもあります。

自分自身の議会改革の課題としてはこれをなんとかしたいと思っています。
つまらない質問だと言いながらですが見てくださいね。

1.市民参加のまちづくりについて
2.子育て支援について
 (1)保育所待機児解消と保育所民営化について
 (2)子育て増税の影響を抑える手だてについて
 (3)安心して子どもを産み育てることができるまちにするための市の取り組みについて
3.給食について

|

« 汚染がれきの受入指針示される | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

広瀬議員の議会一般質問のビデオをみました。
保育所問題では子供一人の面積が他市では3平方メートルぐらいで枚方は1平方メートルぐらいと市は答えていました。
やがて、保育児童数が減少するので公営では増設しない。
民営化を増やして切り抜けるという市の考えです。これは市の施設建設にあたって、保育問題なら保育の観点だけでかんがえているからです。枚方では一方で特別養護老人ホームが少なく建設することが求められています。市内の施設を総合的に長期的に考えあわせて作るという考えがないです。保育所と特養を同じところに作って運用することができないか研究したことがあるのか。また、保育所用につくった施設を保育所の役目がおわったら特養に仕えるようにつくれないか、その逆の方法や、保育所と特養との組み合わせだけでなく、保育所と他施設とのくみあわせ、特養と他の施設との組み合わせ、各種市民のライフサイクルの総合的、長期的観点から考え合わせた市施設
の建設の仕方を市当局が持つ必要があります。
こう考えてきたら、公的施設を民営化したら、このような
観点から作ることはできません。公的施設の民営化はその施設を利用しておこなう市の事業の内容の劣化を意味
します。公的施設はあくまで公営でやらねばなりません。

投稿: 槙浩 | 2012年1月 5日 (木) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 汚染がれきの受入指針示される | トップページ | 今年もよろしくお願いします »