« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 事故予防展示 »

2012年1月 6日 (金)

自由に論議する自由を

今日のしんぶん赤旗の潮流(朝日新聞の天声人語欄)に、失楽園を書いたイギリスの詩人ミルトンの言葉が紹介されています。

ほかのすべての自由以上に、自由に論議する自由を与えよ。

今の時代にも響く言葉です。

今日、松岡ちひろさんが情報公開で得た枚方市の中学校給食の検討資料がようやく公開されたと持って来てくれました。

子ども達にどんな給食をどう提供するのか。
大事な問題です。

現在、市民を対象に抽出でアンケート調査を実施していますが、実施手法について保護者の意見も当然聞くべきです。

せめて教育委員会は検討状況や資料などをホームページで公表すべきだと私は思います。

新年の挨拶をする市長の顔がどーんとアップされてましたが給食の情報提供はなし…。

自由な議論の前提は情報の積極的開示にあるはず。

これで良いのか枚方市⁉

改革を求めて今年も頑張ろう‼

1325839185398.jpg


|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 事故予防展示 »

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

行政機関の情報公開ついては法律でも義務づけられています。
行政機関の保有する情報の公開に関する法律
第1条この法律は国民主権の理念にのっとり、行政文書の開示を請求する権利につき定めること等により、行政機関の保有する情報の一層の公開をはかり、もって政府の有するその諸活動を国民に説明する責務がもっとうされるようにするとともに、国民の的確な理解と批判の下にある公正で民主的な行政の推進に資することを目的とする。
26条地方公共団体は、この法律の趣旨にのっとり、その保有する情報の公開に関し必要な施策を策定し、及び
これを実施するよう努めなければならない。
とあり、枚方市も市行政の各項目について主権者たる市民に情報を公開しながら行政をやっていかねばならない
ことを法的に義務付けられていることを認識して市行政
を執行していかねばなりません。

投稿: 槙浩 | 2012年1月 6日 (金) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 事故予防展示 »