« 情け容赦なき対応を是正…四条畷国保交渉 | トップページ | 大飯原発の再稼働中止を! »

2012年4月21日 (土)

障害のある子どもの教育を考える北河内のつどい

 今日は「障害のある子どもの教育を考える北河内のつどい」に参加しました。

3部構成で内容の濃いつどいでした。

第1部は四条畷校存続などを求める意見書が北河内6市で採択をされたことについての報告。

この間、「北河内の特別支援教育を発展させ、枚方の支援学校づくりをすすめる実行委員会」では北河内地域の知的障害支援学校の「過密・課題」の解消を求めて運動をされてきました。

そのなかで枚方新校開設までと設置をされた交野支援学校四条畷分校を独立した支援学校として存続するよう求める意見書の採択を各議会に求めてこられました。

枚方市議会にも要請が行われましたが、枚方では残念ながら採択に至りませんでした。

今日のつどいでは、他市では全て採択されたとお聞きし本当に情けなく恥ずかしい思いを致しました。

2部では枚方の知的障害児通園施設の待機問題や支援学級の状況について保護者の方々や現場の先生などから報告があり、3部では「大阪の障害児教育の現状と課題」についてミニ講演をお聞きしました。

どの問題でも子ども達に最善の環境どころか必要最低限の普通の環境を整えられていない現状が明らかとなり、溜め息の出る重い気持ちに…。

でも会場には子ども達のために改善を求めるたくさんのお母さん達や先生方の姿があり、「あたりまえの要求は必ず実現する」との講師のお話にも光を感じました。

たくさんの課題があるけれども、この間、前を向いて進んできたこともたくさんあります。

みなさんの声に学んで私たちも頑張りたいと思います!!

それにしても、先日は国保交渉で四条畷におじゃましましたが、北河内って団結力が強い地域ですね。

|

« 情け容赦なき対応を是正…四条畷国保交渉 | トップページ | 大飯原発の再稼働中止を! »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情け容赦なき対応を是正…四条畷国保交渉 | トップページ | 大飯原発の再稼働中止を! »