« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月23日 (土)

大飯原発…異常に低い引き波想定

 大飯原発の再稼働問題。

 竹内市長が6月議会の一般質問に対する答弁で、「安全性が確立されていないと決めつけるべきではない」と発言したことがどうにも納得できずにいます。

 今週のしんぶん「赤旗」日曜版(6月24日付け 7面)に、「大飯原発 異常に低い引き波想定」との記事が。

 関西電力が近隣の原発と比べ「引き波」の想定を異常に浅くしていることが、吉井英勝衆議院議員が原子力安全・保安院に提出させた資料から判明したとのこと。

 「押し波」の被害想定は11.4メートル。津波から原発を守る防潮堤のかさ上げ工事が完成するのは来年度中の予定。

 一方、「引き波」でも過酷事故につながる危険がある。

 「大きな引き波になると、原子炉を冷却するための機器を冷やす海水がかなりの時間、取水できなくなる。冷却できなければ原子炉の温度があがるのでメルトダウンに至る危険性がある」

 吉井議員が以前から国会で指摘をしてきたことです。


 では、引き波対策はどうなっているのか。

 関西電力は大飯原発の引き波を、東京湾平均海面からマイナス1・84メートルとし、

 この想定を元に、冷却水をとる海水ポンプを海面からマイナス2・62メートルに設置。

 保安院はストレステストで引き波がきても取水できるとしているが…

 大飯原発と約40キロしか離れていない「もんじゅ」の引き波想定は、マイナス5・24メートル。同じく敦賀原発は2号機(日本原子力発電)は、マイナス4メートルとしている。


 吉井議員は「大飯原発の引き波想定地は、もんじゅの約3分の1。同じ日本海側の他の電力会社の眼発と比べてみても、関電は突出して低い想定をしている。もんじゅ並の引き並がくると、大飯原発では冷却用の海水がまったくとれなくなる」と指摘。

 また、そうした事態が生じると海水ポンプが故障すると東芝で原子炉格納容器の設計に携わっていた後藤さんがストレステスト意見聴取会で述べている。

 関電は、その際には海水ポンプを停止するとしているが、後藤さんは「危機が故障したり、運転員が判断を誤ることもある。ストレステストは、それらのリスクを考慮していない」

 また、電力会社が『シュミレーションしたから大丈夫』というが、元となるデーターを公表しない。関電がいう引き波の想定地が正しいという根拠は示されていない。第三者が確認できず、まったく科学的ではない」と批判していることが紹介されています。

 

 竹内市長は科学性と根源的思考をもって市政運営に挑むと述べていたはず。

 「安全性が確立されていない決めつけるべきではない」と言うけれど、逆に聞きたい。

 こんな状態で「安全性が確立されている」と言えるのか。

 
 

 

 

| | コメント (0)

2012年6月22日 (金)

関西電力本社前

いてもたってもいられなくて、関西電力本社前に。1000人以上の人々がTwitterを見て集まってました。子ども連れの人たちもたくさん…。四国や福井からも。

山下よしきさんにも会いました。

このエネルギーを国会に伝えてほしい。

石村議員、つつみ議員と三人で参加しました。

竹内市長は、再稼働について安全性が確立されてないと決めつけるべきでないと発言。

じゃあ安全性が確立されたと言えるのか。

許せない!


1340364792484.jpg

| | コメント (0)

2012年6月13日 (水)

明日は文教委員会…公立幼稚園廃園条例の審議です

 昨日開かれた枚方市議会本会議で樟葉南幼稚園、殿山第二幼稚園、桜丘幼稚園、そして津田幼稚園を平成27年4月に廃園にする条例が提案されました。

 保護者の嘆願を受け、教育委員会で再協議したうえでの提案であることや、提案の経緯が丁寧に説明されました。

 教育委員会なりの誠意だと受け止めていますが、提案の内容は変わりません。

 保護者から提出された署名は9571筆となったそうです。

 1万を目標にと集めてきたとのことで、ほぼ達成。

 今度は市議会がどう受け止めて判断を下すかです。

 というわけで、私は今日は自宅にひきこもって明日の委員会審議に備えたいと思います。

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

損害賠償金にも課税!?

 以前、お世話になっていた国際ツーリストからお手紙が届きました。

理事長のご挨拶文には、

「私は先月、ドイツの環境指導者エアハルトシュルツさんと東北被災地を訪ねました。酪農家は言います。『損害賠償金(例100万円に30万課税天引きされ70万しか残らない』シュルツさんは『被害者への賠償金に課税する国なんて聞いたことがない?!」酪農家は続けます。

『これに消費税増税とTPPが追い打ちをかければもうダメです…』と。
被災者…国民の暮らしの現実は、更なる大きな揺れが人為的政策的に起こっています。…」と、あります。

なんて国、なんて政治なんだろう。

こんな政治こそ足下から大きく揺さぶられればいいのにと思います。

枚方市議会ではTPP反対の意見書も、消費税増税反対の意見書も不採択に…。

そう簡単に力関係は変わらずめげそうにもなりますが、こういうお話を聞くとぐっと力が入ります。

6月議会には、大飯原発の再稼働に反対する意見書、年金の引き下げに反対する意見書を用意しています。


| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »