« 原発止めて、自然エネルギーへの転換を | トップページ | 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! »

2012年7月18日 (水)

北河内の支援学校はパンク状態。枚方新校を建設しても四条畷校の存続を!

 7月14日(土)、枚方革新懇の総会の前に、第4回「北河内の特別支援教育を発展させ、枚方の支援学校づくりをすすめる実行委員会」総会に出席させていただきました。

 実行委員会からは、2015年4月に、元村野中学校跡地に「枚方新校」の建設が予定されれているものの、


 北河内地域にある知的障害支援学校の「過大・過密」は深刻な状況だと、今後の児童と生徒数の推移を示して報告されました。


 お話によると…

 2002年度から2012年度までに知的支援学校の児童生徒数は155%増加し、

 知的・情緒支援学級の児童生徒数も2002年度から2012年度までに、小学校で220%、中学校で255%増加している。

 府下的に支援学校と支援学級の児童生徒数は過去最高を更新中で、

 出生数(全児童生徒数)に関連せずに増加か横ばいの状況。

 大阪府の予測推移(中位)をすでに実数で上回っている。

 とのこと。

 そうしたなかで、枚方新校が開校するからといって交野支援学校四条畷分校をなくしてしまうと、北河内地域の知的障害支援学校は守口・寝屋川・枚方の3校となるため、現状の3校と変わらず、これでは「過密・過大」が解消できないと大問題になっているのです。

 こうした現状を受けて、

 四条畷分校を閉校せず、スプリンクラーもちゃんとつけて存続してほしい。

 と、北河内7市の市議会議員さんらに訴えてきた結果、

 枚方をのぞく6市議会で意見書が採択され、さらに門真市では市長、教育長も連名で大阪府教育委員会に対し、守口支援学校の過密化への対応として、存続を求める要望書を提出されたとのこと。


 枚方新校を含めた北河内の通学区域割りは2013年6月ごろに発表されるため、交野支援学校四条畷分校の存続を求める運動がますます重要な1年だと強調されていました。


 7市のなかで枚方市議会だけ意見書採択されていないとの報告を小さくなって聞いておりました。

 本当に申し訳ないです。枚方のなかでも現状について共通理解がすすむように、私たちも引き続き頑張りたいと思います。
 

 

 

|

« 原発止めて、自然エネルギーへの転換を | トップページ | 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発止めて、自然エネルギーへの転換を | トップページ | 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! »