« 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! | トップページ | 大雨被害 »

2012年8月 9日 (木)

気になる中学校給食の行方…公開学習会を開催しました

 7月27日、ようやく枚方市のホームページに中学校給食の検討経過や庁内委員会の議事録が公開されたと思ったら、そのなかに気になる言葉が…

「本市においても、この補助制度を活用した中学校給食の実施に向けて、市職員で構成する「中学校給食検討委員会」を設置し、中学校給食の導入に向けて検討を重ね、本市における実施手法として選択制の共同調理場(ランチボックス)方式※を選定しました。
  なお、現在、市議会でのご意見も踏まえる中で、最終案の検討を行っているところです。」(枚方市HPより)

 おや?『最終案の検討を行っている』とあります。

 6月議会でも「民間調理場活用方式」=「外注弁当方式」を求める多くの質問がありましたが、最終案の検討を行うとはどういうことなのか。非常に気になります。

 こうしたなか、「安心・安全でおいしい給食を子ども達に」と題して党議員団が公開学習会を8月5日に開催しました。関西大学教授の樫原先生に講演をしていただき、参加者の皆さんと意見交換を行いました。

 文部科学省は外注弁当方式を給食だと認めてこなかったのに、大阪府の強い働きかけで「その他の方式」として給食の範疇に入れ込まれてきた事などが紹介されました。

 「大阪府は府下の自治体が調理場建設を行わなければ債務負担行為で計上した予算を使わずに済むということで、規制緩和を強く求めてきたのではないか。」

 確かにありそうな話であります。

 民間調理場に任せた場合の課題なども他市の事例から詳しく説明があり、子どもを連れて参加してくれたママ達からは「せっかく実現できると喜んでいたのに、喜んでばかりもいられない」との声があげられておりました。

 また栄養教諭や現場の先生からもお話があり、何より学校給食は教育であること、この意味をよくよく考えなければならないと感じた学習会となりました。

 学習会で出された意見なども踏まえ、党議員団としてもあらためて市教委に申し入れを行っていく予定です。

 
 

 Img_0533


|

« 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! | トップページ | 大雨被害 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月議会の一般質問の動画が公開されてます! | トップページ | 大雨被害 »