« 大雨による被害にあわれた皆さんにお見舞いもうしあげます | トップページ | 談合はなかった!?…民事裁判の傍聴へ »

2012年10月12日 (金)

いじめと通学路の安全対策について…文教委員協議会

 久しぶりのブログ更新となります。この間、義父が亡くなったり娘が骨折したりでバタバタ…。

すでに議会は9月議会を終えて、今日から決算委員会が始まりました。

 9月議会や事前の協議会での案件など気になる点はまた報告をいたしますが、10月11日に開催された文教委員協議会についてまず報告します。

 今回の協議会は委員会発議によるもので、議会開催前に重要案件の報告を受ける定例会前の協議会とは別に委員間で協議し開催を決定したものです。

 いじめ問題については、文部科学省からの依頼を受け全国で実施されたいじめに関するアンケート調査の結果と「枚方市におけるいじめの現状及びいじめ防止に向けた取り組みについて」が報告されました。

 教育委員会のアンケートに対する回答を抜粋して紹介すると…

 問2:いじめの実態把握に関するアンケート調査を定期的に実施することを求めていますか?
 答 実施を求めている
 

 問3:管下の学校等に対して、いじめを把握した場合に報告をすることを求めていますか?
 この問いに対して答えは、①把握したらその都度、報告を求めている~⑥報告を求めていないまで、6つの選択肢があり、枚方市教育委員会の回答は、①と③の月に1回程度の報告を求めているとのことでした。

 月に1度は連絡会があり問題行動等も含めて報告がされているそうです。また、いじめの定義にあてはまるもの全てをその度ごとに教育委員会に報告しているのではなく重大な事案のみその都度報告をしているとのことでした。

 教育委員会に対する最後の問は国に求める支援は何か?

 答えは、①生徒指導加配教員の配置、②市費で実施の学校問題解決支援事業の法律相談員、学校問題サポート員及び教育相談員の人件費補助、③中学校第1学年による少人数学級編成の実施、④児童自立支援施設等の増設。

 各学校からも、「積極的な人的支援がほしい」、「市道困難校への人員配置による、いじめの未然防止を講じることが必要」、「スクールカウンセラーの常駐」、「心の相談員の常駐」などの声がアンケートに記載されていました。

 都道府県ごとに教職員一人あたりの児童生徒数を比べると、大阪府は小学校が44位、中学校が43位ですから、人的な支援を強めることは不可欠だと思います。

 
 「ふざけているだけ」と学校は認識していても、事態は違っていたり…。

 「大丈夫か」と問われても「大丈夫」と答える思春期の心の動きを察するためには、常日頃から子どもに接する時間を持っていなかれば、その様子の変化に気づけないとも言われています。

 また、様子を察する感度が問われるわけですが、研修を受けたからと言って簡単に身につくものでもありません。
 
 大阪府のいじめ防止指針でも「教育実践の悩みを気軽に話し合える教職員間の環境を作る必要がある」と書かれていますが、事務仕事に追われてそういう雰囲気にないということも聞きます。
  
 時間も空間も人も、たっぷりあってこそ、子ども達を豊かにはぐくめるのに、学校も家庭も社会も「ゆとり」を失い、子ども達を追い詰めているようにも感じます。

 教育現場は最前線ですが、私たち自身も今の社会の在り方をつねに問い、より人間らしい社会を築かなければいつまでも同じことが繰り返されるのではないでしょうか。

 家に帰ると共産党の発行している理論誌「前衛」11月号が届いていました。「いじめ事件にどう向き合うのか」との特集が組まれておりました。

・子どもの命を守れる学校と社会を…いじめ問題の深刻化と私たちの課題 藤森毅
・教師がいじめに向き合うために求められていること 福井雅英
・いま子どもの世界に何がおこっておるのか…いじめ事件の「土壌」について考える 中西新太郎

 どのお話もとても興味深く読ませていただきましたが、横浜市立大学教授の中西先生のお話を読むと、今の子どもたちは何と息苦しい人間関係のなかで生きているのかと思い知らされます。

 少し抜き書きしてみると…

 アニメ「けいおん!」は日常系と言われていますが、まったく逆で日常にはそれがない。いまの日常は、なりたい自分をみせていく世界で、小さいときから一生懸命何かに取り組まなければならない世界です。

 「構造改革」、新自由主義的な競争のなかで、自分の能力を発揮することを煽り立てられている。

 しかし、若者・子どもたちはそんなこと望んでいない。

 できても、できてなくても、ただ普通にお互いに安心していられるような社会を築きたいと考えている。

 その希望を実現していくために、どうしたらいいのか、大人は何を支援できるのか考えていけば道は開ける。
 

 …なるほどと思いあたることがあります。
  
 「まったり」過ごせる社会をつくるために、あきらめずに頑張ろう。

 それにしても、

10月3日、いじめ問題で大阪市長の橋下さんは暴力容認の考え方を示しましたが、どこまでの暴力なら良いなんて区別をどうつけるというのか?ありえないと思います。

 


 
 

 
   
 
 

 

大阪府教育委員会「いじめ防止指針2」

いじめの未然防止に向けた取組みの推進方向

1.いじめの認識
「いじめは絶対に許されない」との強い姿勢で指導を行うとともに、いじめは、教職員の児
童生徒観や指導の在り方及び学校の教育活動全体が問われる問題であるとの認識をもつこ

(1)児童生徒の立場に立つ

子ども一人ひとりを人格のある人間として、その個性と向き合い、人権を守り尊重した
教育活動を行わなければならない。そのために、教職員の人権感覚を研ぎ澄まし、子ども
の立場に立ち、守りきるという姿勢を養う必要がある。

(2)児童生徒を深く理解する

厳しい課題を有している子どもを集団の中に位置づけ、子どもたちの表情のうらにある
心の叫びを敏感に感じとる感性等、教職員自身の子どもを深く理解する人権感覚を高める。

(3)いじめの未然防止につながる研修の充実

学校の子どもの現状や課題に即したテーマの設定や研修の形態を工夫し、子どもに対す
る肯定的理解を深め、子どもの自尊感情を高めるよう努める。
また、いじめの事象に関する事例研究を通して実際の対応方針の作成や、日々の子ども
の言動や人間関係の把握など、教職員の指導力の向上に努める。

2.確かな現状認識

すべての児童生徒の心の訴えに学ぶこと

(1)早期発見のための体制づくり

隠匿性が高いといういじめの特性を考えたとき、いち早く子どもの変化に気付くための
感性を持ち、早期発見できる生徒指導体制の充実を図るとともに、授業や学級経営等の日
頃の教育実践の悩みを気軽に話し合える教職員間の環境を作る必要がある。

(2)児童生徒の願いや思いを受け止める

日頃から休み時間等に児童生徒の活動に積極的に加わったり声かけをするなど、様々な
場面での子どもの様子を把握することで、教師が予断をもった判断をせず、児童生徒の願
いや思いを受け止めることが大切である。その際、児童生徒の表面的な言動にとらわれず、
その裏にある児童生徒の願いや思いを認識するような力が必要である。

3.事象の対応と教訓化

いじめ問題を教育の課題と捉え、いじめに関わった児童生徒同士の信頼関係の構築と人権を
尊重する集団の高まりへとつなげること

(1)人権に配慮した継続した教育相談

受けた相談に対して、その解決に向けた学校の対応方針を伝え、児童生徒の思いを尊重
し、プライバシーに十分配慮した対応をするとともに、必要に応じてスクールカウンセラ
ーや相談員等の活用を図る等、関係機関等と連携し解決に向けた取組みをすすめる。

(2)組織としての機動的対応

いじめ事象が生起した場合、被害者のケアについては迅速な対応策を講じるとともに、
当面の対応や中長期的に取組むことなどの方針を打ち出す必要がある。そのために、学校
長のリーダーシップのもと、その対応や方針にもとづき、いじめ事象の当事者全てのケア
ができるよう情報の共有・きめ細かな連絡相談、関係機関との連携等、組織的な対応が必
要である。

(3)いじめられた児童生徒のケア

いじめられた児童生徒の心のケアはもとより、児童生徒の願いや思いに寄り添い共感的
に受けとめるとともに、問題解決のための具体的方針を打ち出すこと。

(4)いじめに関わった児童生徒への指導

指導に際しては、いじめに関わった児童生徒が、いじめられた児童生徒の思いに至り、
人権尊重の立場に立った行動ができるようにすることが大切である。そのためには、いじ
めに至った直接的な要因に対する指導と併せてその子どもが持つ背景(生徒指導・学習指
導等)をも十分に踏まえた組織的・継続的な指導が必要である。

4.日常の未然防止

いじめの未然防止及びいじめ問題の解決のためには、人権尊重の教育の充実を図るととも
に、いじめをなくす実践力を培うこと

(1)人権が尊重された学校

いじめを未然に防止するためには、子どもたち自身がお互いを尊重し合い高め合い、い
じめを許さない集団となることである。そのためには、日々の学校の教育活動全体におい
て子どもの人権が尊重され、それぞれの子どもの自己実現につながる取組みとなるよう努
める。

(2)人権教育の充実

友だちの願いや思いを共感的に受けとめることのできる豊かな感性や、仲間とともに問
題を主体的に解決していこうとする実践的な態度の育成等、人権尊重の教育の充実を図り、
いじめをなくす実践力を培う必要がある。

(3)人権課題に応じた理解教育の充実

障害者理解教育など人権課題に対応した教材による学習や体験活動を行う場合、学習者
自らの生活との関わりや、身近な仲間との繋がりや人権課題を意識しながら実践すること
が大切である。

(4)いじめ未然防止の観点を盛り込んだ人権教育

いじめは子どもの学習や成長に大きな影響を与える。いじめによって生じる人間関係の
もつれから、学校での居場所を失い不登校状況に追い込まれることがある。したがって、
学校における人権尊重の教育、他者を理解する教育等の実施にあたっては、いじめを未然
に防止する観点を柱の一つに位置づけ、信頼ある人間関係の構築が図られるよう取り組む。

(5)具体的事象の教訓化

すべての学校にいじめ事象は存在するという認識のもと、具体的事例からいじめられた
子どもの被害状況の把握とケア、また、いじめた子どもへの指導の在り方等、その解決に
向けた方針について協議するとともに、教訓化した事項を教材の中に活かして日常の教育
活動に活用することが必要である。

(6)互いに支え合う集団づくり

いじめの問題が、当事者間だけではなく、クラスや学校全体の課題であるとの認識を育
むように努めること。また、信頼と協調に基づく人間関係の形成が集団の構成員一人ひと
りにとってプラスであるとの認識を育むように努めること。同時に、それを実現していく
ために人間関係づくりの教材プログラム等を活用した実践力の向上が必要である。

5.連携及び環境の醸成

家庭、学校、地域社会など全ての関係者がそれぞれの役割を果たし、一体となって真剣に取
り組むことが必要であること

(1)子どもの居場所づくり

子どもたちは社会の在り方や社会状況の変化の影響等を集約的に受けやすく、家庭や地
域での居場所がない子どもが増えている。一人ひとりの課題に応じたきめ細かい対応によ
り自尊感情を高める取組みが大切である。

(2)教育相談体制の確立

定期的に教育相談週間を設けて、児童生徒を対象とした教育相談を実施する等、児童生
徒が相談しやすい体制を整備する。

(3)児童生徒や保護者に十分に理解された教育相談

学級での指導や学級通信等で教育相談の意義や方法等についての理解を図るとともに、
様々な相談の場や機会があることを児童生徒や保護者へ知らせる。

(4)学校での出来事を積極的に伝える

学校と家庭・地域社会が一体となって、子どもの健やかな成長を育むため、学校の取組
みや児童生徒の様子を積極的に発信することが重要である。

(5)保護者の思いに誠実に応える

学校として、保護者が学校に対する様々な意見や願いを持っているということをどれだ
け感じ取れるかが大切であり、面談後、保護者が「相談してよかった」と感じるような誠
実な対応を積み重ねていくことによって大きな信頼ができあがっていく。

(6)校外生活について情報収集

いじめを予防するためには、地域の特色を生かしながら、計画的に地域にある組織や団
体との協力関係を築き上げていくことが大切である。そのためには、子どもたちの校外生
活についての情報交換を行ったり、地域における子どもたちの活動の様子を把握し、学校
と地域が協力して子どもたちの人間関係づくりに努める必要がある。

(7)学校教育活動への地域人材の活用

地域社会との連携充実のためには、日頃の学校の教育活動への理解を得ることが大切で
ある。そのためには、地域の人材をゲストティーチャーとして学校に迎える等、教育活動
への参画を通じて、学校との協力関係や子どもたちとの親密な関係を強めて、地域へ広め
ていくことが有効である。

未然防止

(4 日常の教育活動)

(1) 人権が尊重された学校
(2) 人権教育の充実
(3) 人権課題に応じた理解教育の充実
(4) いじめ未然防止の観点を盛り込んだ人権教育
(5) 具体的事象の教訓化
(6) 互いに支えあう集団づくり

(3 事象の対応と教訓化)

(1) 人権に配慮した継続した教育相談
(2) 組織としての機動的対応
(3) いじめられた児童生徒のケア
(4) いじめに関わった児童生徒への指導

集団の高まり

(1 いじめの認識)

(1) 児童生徒の立場に立つ
(2) 児童生徒を深く理解する
(3) いじめの未然防止につながる研修の充実

(2 確かな現状認識)

(1) 早期発見のための体制づくり
(2) 児童生徒の願いや思いを受け止める

(5 連携及び環境の醸成)

(1) 子どもの居場所づくり
(2) 教育相談体制の確立
(3) 児童生徒や保護者に充分理解された教育相談
(4) 学校での出来事を積極的に伝える
(5) 保護者の思いに誠実に応える
(6) 校外生活について情報収集
(7) 学校教育活動への地域人材の活用

教育活動の視点事案に学ぶ視点

いじめを許さない環境づくり
いじめの未然防止に向けた取組みの推進方向イメージ(参考)

(資料)

いじめを早期に発見するポイント

(1)学校で

□授業に意欲をなくし、集中力が無くなってきた子はいないか。
□休み時間や放課後、一人でいることが多い子はいないか。
□休み時間や放課後、用もなく職員室に頻繁に来たり、前をうろうろする子はいないか。
□教育相談、日記、班ノートなどに不安・悩みなどを抱えている子はいないか。
□保健室に出入りすることが多くなっている子はいないか。
□いつもおどおどしている子はいないか。
□理由無く欠席、遅刻、早退が増えてきた子はいないか。
□理由のはっきりしない打撲や傷跡のある子はいないか。
□衣服が乱れたり、汚れていたり、破れたりしていないか。
□元気がなく、気持ちの沈んでいる子はいないか。
□教員を避けるようになっている子はいないか。
□グループから急に離れたり、交友関係の変化した子はいないか。
□常に人の言いなりになっている子はいないか。
□一人離れて教室に入ってくる子はいないか。
□椅子や机を乱されている子はいないか。
□授業中発言したら、理由もなく笑われている子はいないか。
□みんながやりたがらない学級の仕事を押しつけられている子はいないか。
□忘れ物が多くなったり、成績が急に下がりだした子はいないか。

(2)家庭で

□衣服が破れたり、汚れたり、持ち物を失ったりすることが急に増えていないか。
□「ケンカ」をしたとか、「ころんだ」とかいって、「あざ」をつくったり、「けが」をしてきた
りすることがないか。
□金遣いが急に荒くなったり、家庭の金品を持ち出したりすることはないか。
□急に口数が少なくなっていないか。
□独り言を言ったり、夜中にうなされたりすることはないか。
□友だちからの電話で、理由も言わずに家を飛び出すなど、友だちの言いなりになることが増
えていないか
□友だちが急に遊びに来なくなったり、友だちの話をしなくなったりして、ひとりぼっちで家
にいることが多くなっていないか。
□友だちや先生に対する不満を口にすることが、最近、多くなっていないか。
□「しんどい、病気や。」といって、学校を休みたがったり、遅刻早退が増えていないか。
□急に勉強しなくなったり、無気力になったり、食欲がなくなったりすることはないか。

|

« 大雨による被害にあわれた皆さんにお見舞いもうしあげます | トップページ | 談合はなかった!?…民事裁判の傍聴へ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雨による被害にあわれた皆さんにお見舞いもうしあげます | トップページ | 談合はなかった!?…民事裁判の傍聴へ »