« | トップページ | 学校図書館への司書配置…新年度も予算措置なし »

2013年2月 6日 (水)

PM2.5が心配!枚方でも環境基準値を超す

 中国の大気汚染の影響が日本にも及んでいるようで、西日本各地でPM2.5が国の基準を超える濃度を記録していると報道されています。

 
 
枚方市では中振の交差点にPM2.5の観測局がありますが、昨年4月から今年1月までの間に計7回基準値を超え、1月13日は一日平均63.7マイクログラム(基準値35マイクログラム)を観測したそうです。

 
 
  2月5日の読売新聞には「濃度が高い日外出控えて」との小見出しがありますが、光化学スモッグ注意報のように警報がでる仕組もなく、どう気をつければよいのか気になります。

 大阪府の大気汚染常時監視のページでタイムラグはあるものの時間ごとの状況が見れると教えてもらいましたが、日常いちいちチェックできそうもありません。

 うちの祖父は西淀川公害裁判を闘った原告の一人で、祖父の家の窓枠が真っ黒になっていたのを今でも覚えています。近所にも当時の大阪の大気汚染のひどさを知る人がおり、その方いわく「鼻毛が急激に伸びた」と。

 青い空を取り戻してきた日本の経験を中国政府に伝えて、早くなんとかしてほしいです。

 ちなみにこれまでの観測状況は…
4月10日 42.0、4月24日 40.0、4月25日 46.2

 5月8日 39.8、5月9日 44.7、

 7月29日 40.4 

 1月12日 39.8、1月13日 63.7(単位は全てマイクログラム)

 

 中国でも子供たちがぜんそくにかかっていると報道されていますが、他人ごとではありませんね。我が家もぜんそく系なのでとても心配です。

 

 

 

|

« | トップページ | 学校図書館への司書配置…新年度も予算措置なし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | 学校図書館への司書配置…新年度も予算措置なし »