« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月21日 (日)

枚方生活保護自動車保有訴訟…原告の完全勝訴

2013年4月20日(土)のしんぶん「赤旗」に以下のように記事が掲載されました。枚方市が判決を受け止める事によって、多くの人たちに希望をもたらすことになります。社会の進歩とは、人々が幸福になることのはず。控訴せず判決を受け入れることを望みます。

************************************

自動車保有で生活保護却下

枚方市処分は違法

大阪地裁 取り消し命じる

自動車保有を理由に生活保護申請を認めないのは違法と、大阪府枚方市の佐藤キヨ子さん(73)が市に却下処分取り消しと損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大阪地裁でありました。山田明裁判長は、処分の違法性を認め、却下処分を取り消し、約172万円の損害賠償の支払いを命じました。


写真

(写真)判決後、大阪地裁前で喜びを語る佐藤さん(前列左)と弁護団、支援者の人たち=19日、大阪市

 佐藤さんは、生まれつき股(こ)関節に障害を持ち、長距離、長時間の歩行が困難で、通院や日常生活をするうえで自動車は欠かせないものでした。2006年6月に夫が亡くなり、同年11月から生活保護を受給。所有する自動車を処分するよう繰り返し指導され、応じなかったため、07年5月、生活保護の廃止を決定。09年4月に再度、申請しましたが、却下され、同年6月に再々申請し7月から受給しています。

 山田裁判長は、車の保有は厚生労働省が定めた要件を満たしていたと判断。「(枚方市の)却下処分は違法であり、取り消しは免れない」としています。

 佐藤さんと原告弁護団は判決後、大阪市内で記者会見しました。佐藤さんは「同じ思いを持つみんなのためにもと思って頑張ってきました。本当によかった」と喜びました。

 尾藤廣喜弁護士は「市は判決や佐藤さんの普通に車を使いたいという思いを受け止め、控訴を断念してほしい」と話しました。

| | コメント (0)

2013年4月 1日 (月)

2013年度の市政運営方針に対する代表質問

「広報ひらかた」に市長の市政運営方針が掲載されていますが、3月議会ではこれに対する各派代表質問が行われ、私も日本共産党議員団を代表して質問を行いました。議会HPに録画中継がアップされておりましたので紹介致します。
 残念ながら最後は時間不足で尻切れとんぼになっていますし、寝不足と花粉とPM2.5の影響でまぶたがはれているところが残念ですがご覧下さい。
動画の埋め込みがうまくいかないのでリンクです。
http://youtu.be/Mej7kApBPrA

通告は以下の通りです。
1.国政、府政の動きと住民の暮らしについて
 (1)平和について
 (2)税と社会保障の一体改革について
 (3)新年度予算と緊急経済対策への対応について
 (4)国保の広域化、「府域一水道」について
2.清潔、公正なまちづくりについて
 (1)談合事件について
 (2)政治倫理条例について
3.市政の重要課題について
 (1)中核市への移行について
 (2)市役所改革について
 (3)市民参加のまちづくりについて
 (4)地域経済の活性化について
 (5)総合文化施設について
 (6)市民病院について
4.安心して暮らせるまちづくりについて
 (1)防災、復興支援について
 (2)環境問題について
  [1]自然エネルギーの推進について
  [2]大気汚染対策について
  [3]今後のごみ処理と有料化について
 (3)超高齢化社会への対応と対策について
 (4)障がい者・児への支援について
 (5)子育て支援、保育、学童保育(留守家庭児童会室)について
 (6)青年への支援について
5.教育について
 (1)楽しく学べる学校をつくるための施策について
  [1]学校施設について
  [2]通学路、学校給食、シックスクール等に関する安全対策について
  [3]少人数学級の推進、図書館への司書配置など職員配置の充実と支援について
 (2)支援学校について

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »