« 今日は総務委員協議会…総合文化施設や美術館など意見を述べました | トップページ | 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 »

2014年6月 6日 (金)

美術館関連予算の採決、最終日に変更

 6月議会の初日には、美術館関連予算を含む補正予算が提案される予定でしたが、5日に開催された議会運営委員会で、総務委員協議会でも多くの意見が出されており、15日に市民説明会を開催する予定であることや一般質問でも意見があるだろうから、補正予算の審議を最終日にのばすべきとの提案があり、26日に審議、採決されることになりました。

 2日の総務委員協議会では、関連予算のなかに寄付者を顕彰するレリーフの作成費約80万が含まれていることに批判の声があり、5日に配布の議案書ではレリーフ分が削除されていました。

 レリーフ分だけではなく、美術館関連予算の提案そのものが認められる状況にないと感じますが…。一般質問、補正質疑と熱い議論が続きそうです。この問題は、つつみ議員が取り上げます。

 私は美術館運営の財源として検討されている、図書館と生涯学習市民センターへの指定管理導入問題と制度変更が予定される「子ども子育て新制度」についてなどを検討中ですが、請願提出の動きもあり検討中です。

 

|

« 今日は総務委員協議会…総合文化施設や美術館など意見を述べました | トップページ | 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は総務委員協議会…総合文化施設や美術館など意見を述べました | トップページ | 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 »