« 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 | トップページ | 6月議会一般質問…固定資産税の減免や図書館等への指定管理導入問題を問う »

2014年7月 3日 (木)

戦争する国にはさせない…枚方市議会「意見書」否決

 

安倍政権は1日、憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を容認することを閣議決定しました。自国が攻撃を受けていなくても、他国同士の戦争に参加する。憲法9条が誓った戦争放棄が政府の手により放棄される歴史的な日となりました。


 憲法を守らなければならない人たちが主権者である国民に問う事もなく勝手な解釈で憲法を変える。絶対に許せません。

 憲法が時の政権によって壊されようとするなか、地方の議会からは次々と政府に対して慎重にせよ、反対だとの意見書が
6月30日までに192自治体からあげられ、住民の声を国政に突きつけています。

 枚方市議会でも意見書の採択をと新日本婦人の会枚方支部よりの陳情を受け、共産党議員団から意見書案を提案させていただきました。

 案文の全文は「続き」に紹介しますが、「私たちは、原子爆弾投下による被爆の体験を通して、平和を希求する誇り得る憲法を持ち、戦争放棄を誓っています」と、大阪府内で初めて非核平和都市宣言を行なった自治体である事にもふれ、解釈改憲に反対する内容となっています。

 案分は若干の修正を行なうことで、民主党のほとんどの議員にご賛同いただきましたが、賛成は13、反対20で残念ながら否決されてしまいました。平和のまち枚方から憲法を壊すなという意見書もあげられず悔しい限りです。

 閣議決定はされても、実際に自衛隊を動かすためには多くの法案を国会で通さなければなりません。来春のいっせい地方選挙の後まで、その作業は続くそうです。その間、国政選挙はありません。民意を示せるのはいっせい地方選挙です。報道ステーションで古館さんが「いっせい地方選挙の争点にしてほしい」と述べられていました。ぜひ、そうしたいと思います。

 戦前は、声をあげると殺されかねない暗黒の時代でした。でも、今は違います。戦争に反対だと声をあげる事ができます。地方が住民の声を政府に伝える事も出来ます。判断するのは主権者である国民です。私も国民の1人として行動します。

「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」(憲法前文より)

 

 

 

集団的自衛権の行使を容認する解釈改憲を行わないよう求める意見書】

 安倍首相は歴代内閣が行使を認めてこなかった集団的自衛権に関する憲法解釈の変更を検討する意向を示すとともに、「与党協議の結果に基づき、憲法解釈の変更が必要と判断されれば、改正すべき法制の基本的方向を閣議決定していく」と述べました。

 しかし、一内閣の判断で憲法解釈を自由に変更することが可能になるのであれば、憲法が権力を縛る立憲主義の否定につながります。

 本市は、「私たちは、原子爆弾投下による被爆の体験を通して、平和を希求する誇り得る憲法を持ち、戦争放棄を誓っています。」と、大阪府内で初めて非核平和都市宣言を行い、平和な社会の実現に向けてさまざまな啓発事業に取り組んでいる自治体です。そのため、憲法9条の規定によって具体化されている平和主義を形骸化させることは容認できません。

 よって、政府は、我が国を海外で武力行使を行う国へと大きく変質させる、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈を行わないよう強く求めます。

|

« 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 | トップページ | 6月議会一般質問…固定資産税の減免や図書館等への指定管理導入問題を問う »

市政・議会」カテゴリの記事

コメント

意見書を提案くださってありがとうございました。
残念にも、枚方市議会の議員さんによる採択は反対が多く
否決されたとのことですが、
それは本当に市民の声と一致していたのだろうかと疑問が残ります。
少なくとも私は枚方市からも意見書を出していただきたかった。
解釈改憲があっさりまかりとおる現状に不安は募るばかりです。
どうか多くの市民の声を聞き、
その声を持って政府に働きかけてくださる市議会でありますように。
切に願っています。

投稿: 枚方市民 | 2014年7月16日 (水) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもの権利を最優先に「子ども子育て新制度」の具体化を求める請願 | トップページ | 6月議会一般質問…固定資産税の減免や図書館等への指定管理導入問題を問う »