« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月20日 (月)

学テ対策ってどう?

 今日、文教員協議会が開かれ全国学力テストの結果や公表方法についてが報告されました。文部科学省はテスト結果の学校ごとの公表を解禁。どうするかは市教委の判断のため、協議会でも寝屋川市では公開しているのではないか等の意見も出されましたが、枚方市としては学校ごとの公表は行なわないとのこと。

 府教委から成績が伸び悩んでいるとして小学校、中学校とも「重点対策市町村」に指定され、すでに各学校には学力向上委員会が設置し、学力テストの出題方式に慣れるよう対策を打っているとの説明がありました。放課後自習教室のプリントも学力テスト対策用プリントを提供できるようにするとのこと。

 沖縄県では月に1回、県独自の学力テスト対策のための統一テストを実施。日常の授業をテスト対策に切り替え、朝補習、春休み補習を行い、行事や部活動を減らして成績向上を果たしたそうです。成績があがっても、これでは思春期のイライラに拍車をかけそうで心配です。

 枚方市もこんな風になっちゃうのでしょうか。何だかな〜と思います。勉強する意欲が高まる、勉強がわかるようになる、楽しくなるなる、自分のためにどんどん学ぼうとするなど後々の人生の力になるなら良いですが、学力テストの点数を引き上げるためだけの対策に走ってほしくはないですね。
 それでなくても子どもと向き合う時間がとれないと言われているのに大丈夫でしょうか。ちなみに大阪の子ども達の教育条件は全国最低レベルだそうです。

 ・1人当たりの学校教育費 小学校43位、中学校46位
 ・教員1人当たりの児童生徒数 小学校40位、中学校40位
 ・1学級あたりの児童生徒数 小学校41位、中学校41位
 生活実態も厳しい状況。生活保護や就学援助の受給状況は全国平均の約2倍。

 政治家は教育条件の向上、経済格差の是正と子どもの貧困対策などで力を尽くし、現場の先生達がのびのびと頑張れるよう応援すべきではないでしょうか。私も地方議員の1人としてそういう立場で頑張りたい!

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

戦争する国にさせない!…枚方市は非核平和都市として行動を

 決算特別委員会が終了し、22日の本会議で9月議会もようやく終了。この議会には3本の請願が提出されました。

 美術館について市長参加のもと再度の説明会開催を求める内容の請願と集団的自衛権行使容認に対して非核平和都市としての行動を求める内容の請願、この2本は私の所属する総務常任委員会で審査しました。私は2つの請願に賛成の立場で審査に挑みましたが、採決では残念ながら賛成少数(私だけ賛成)で否決。続く本会議も賛成少数で否決されました。

 枚方市は非核平和都市宣言を大阪府下でもいち早く行なった自治体で、核実験に際してはアメリカ大統領にも北朝鮮にも抗議文を送るなど核廃絶の思いを世界に発信してきました。

 その枚方が憲法に反して戦争する国づくりをすすめる動きに対して黙っていていいのか。なぜか、こちらは国政の問題だと知らん顔。それはおかしいと思います。

 11月7日、午後7時から大阪市立体育館にて「1万人のつどい」と題して日本共産党の大演説会が行なわれます。ちょっと遠いですが、山下よしき書記局長がお話しします。そして、絵本作家の長谷川義史さんも平和への願いを込めてお話をしていただけるそうです。 ちょっと遠いですが、ぜひお越し下さい。

 明日、18日(土)は枚方市民会館大ホールで午後2時から党と後援会の決起集会を開催します。市田 忠義党副委員長がお話をします。初めての方もお気軽にご参加ください。
 

へいわってすてきだね へいわってすてきだね
詩:安里 有生 / 画:長谷川 義史出版社:ブロンズ新社絵本ナビ

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

9月議会の一般質問…動画がアップされました

 一般質問では、今すすめられようとしている図書館と生涯学習市民センターの指定管理者制度導入問題について引き続き問いました。図書館への指定管理者制度の導入についてデメリットは想定してないという大胆な答弁が返ってきました。デメリットも考えずやるんですか?いやはやビックリです。さすがにコスト削減で美術館の運営経費にあてるとは言わなくなってきましたが…。

 9月議会には、美術館設置条例や子ども・子育て新制度の関連条例が5本など重要な条例が審議されました。枚方市議会では一般議案や請願審査などの委員会質疑の録画動画のネット配信はまだ出来てませんが、他市の議会では全て見られるところもあります。重要議案もぜひ動画配信したいですね。

 

質問通告は以下の通り。5番、6番は時間の都合もあり要望のみとなりました。

1.国民健康保険について

2.子どもと子育てへの支援について
 (1)枚方市子ども・子育て支援事業計画について
 (2)5歳児健診について
 (3)特定妊婦への支援について
 (4)保育と幼児教育について
 (5)子ども医療費助成の充実について
3.行政改革実施プランについて
 (1)市民の声を市政に反映することについて
 (2)来庁者・利用者用駐車場の有料化について
 (3)総合福祉センターの有料化について
 (4)図書館と生涯学習市民センターへの指定管理者制度導入について
4.図書館、学校図書館について
5.穂谷川清掃工場の後継施設について
6.JR津田駅等のロータリー整備と踏切拡幅について

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

図書館への指定管理者制度導入に反対!

 9月議会には図書館への指定管理者制度導入について反対であり、慎重に検討すべきと求める内容の請願が提出されました。

 日本共産党議員団からは文教常任委員会に委員を送り出せておらず、議論に参加できませんでした。このため一般質問でとりあげ、本会議の採決の際に賛成討論を行いました。共産党と紹介議員のみの賛成少数で残念ながら不採択となりました。

 社会教育部は「これから枚方市立図書館の運営について」なるものを発表し、10月23日まで意見募集するとしています。指定管理者導入を前提で意見募集されている点、これから意見募集するのに(案)ではないこと、説明会を開き意見募集すべきなのに後先が逆になっている点など導入ありきの非民主的プロセスは乱暴な限り…。

 写真の絵本は、バートンの小さいケーブルカーのメイベル。民主主義がわかる絵本です。市会議員たちがケーブルカーはもう古いと廃止しようてします。サンフランシスコの街の人達は図書館に集まり、ケーブルカーを守ろうと相談し署名を集めて議会に請願をし、ケーブルカーを守ったというお話しです。








(つづき)で、指定管理者制度導入に反対する立場でおこなった賛成討論を紹介します。



続きを読む "図書館への指定管理者制度導入に反対!"

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

香里ヶ丘中央公園に美術館はいらない!

香里ヶ丘中央公園にあらためて行ってみました。もう一ヶ月近く、住民が公園に集まり美術館はいらないと頑張り続けておられます。

落ち葉でふわふわの土の上を歩くとあらためて、もったいないと感じます。住宅の真ん中にこんな豊かな自然があるところはそうざらにはありません。

美術館の整備予定地にある200本の樹のうち150本が伐採されるそうです。

公園で遊ぶ小さな子の背中に美術館はいらないのテープがはられてました。感性育む豊かな自然を壊さない選択はないのか⁈

わたしは樹だわたしは樹だ絵本ナビ

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »