« 12月議会の動画をアップします | トップページ | やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 »

2015年1月21日 (水)

北加伊道(ほっかいどう)

今朝は雨で藤阪駅での宣伝は中止。実は、昨日の予定でしたが現職府議さんが早々と宣伝をされていたので、明日にしようとひきあげたのですが…。

しかし、維新の橋下氏と安倍首相の関係は、何とも嫌な感じ。安倍首相が憲法改正に向けて維新の協力に感謝し、橋下氏は住民投票は憲法を改正するための国民投票の予行演習だとルンルン。

阿倍と維新の暴走にストップをかけるためにも、大阪の共産党が頑張らないといけません。
大阪都構想をきっかけに、「都」とは何かと調べていたら、そもそも東京、京都、大阪の3都は「府」で、東京府が都へ変わったんだとわかりましたが、じゃあ北海道って何で?と気になっていたところ津田図書館のティーンズコーナーに興味深い絵本があり借りてきました。
北海道の名付け親、松浦武四郎のエゾ地探検記。武四郎は多くの日誌や紀行文を出版し、アイヌ文化を世に伝えたそうです。正しくアイヌ文化を和人に理解してもらうことで、悪政からアイヌの人々の命を守り、人々が安心してくらせるように、身を削る思いで出版したのだと。
蝦夷地にかわる名前として「北加伊道」が6つの案の中から選ばれた。加伊とはこの国に生まれたもの、アイヌの人たちの事、北のアイヌの国(大地)という意味なんだそうです。「北海道」の意味を初めて知りました。(何で今まで知らなかったのだろうという気もしますが…)
北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検
文・型染版画:関屋 敏隆出版社:ポプラ社絵本ナビ
「イスラム国」による邦人人質問題への対応も気がかりです。何とか無事にと願います。人質となっている後藤さんが書かれた「ダイヤモンドより平和がほしい 子ども兵士ムリアの告白」を無事を祈りながら読んでみます。

|

« 12月議会の動画をアップします | トップページ | やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12月議会の動画をアップします | トップページ | やる気のわく議員研修 片山元総務大臣が講演 »